カテゴリー「折り紙」の記事

10年ぶりの再会と、NOCCHO先生のデビュー

Sn3g1076

金曜は、NOCCHO先生とその同僚の皆さんと食事会でした。

NOCCHO先生、誰やねん?
という方のために説明しますと、わたしの折り紙の先生です。
折り紙といっても、コドモ折り紙ではありません。
オトナ折り紙です。

先生は最近ブログを始めました。
凄いです。
●NOCCHOrigami
http://blogs.yahoo.co.jp/tigermoth_ship

で、先生とその仲間と訪れたお店はこちら
●魚鐵 (うおてつ)@九段下
http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130906/13025121/

このお店は、友達夫婦が経営している魚料理のお店なんですが、わたしも○○士の資格試験の勉強やらナンやらでちょっと疎遠になり、なんと10年ぶりの訪問です。ご夫婦は相変わらず素敵。
お子さんは10歳!
わたし~、うまれたばかりのときあったことあるんだよーおぼえてるー
と必殺おかあちゃんギャグをかましてしまいました。

しかし、10年ぶりの、うをてつ。
お店のビル自体建てかえて、超オサレに大変身してました。
お味は昔と同じ美味しさ!
うれしい・・・
本当に美味しいのでぜひ皆さんも行ってみてください。
ランチは「しあわせランチ」がオススメです。

さて。
今回は、わたしは先生に宿題を出しました。
オーナ夫妻へのお土産となる折り紙を作ってくださいと。
ヒントは
「魚料理屋に合うものを」
これだけ・笑

でも、さすが先生。
わたしの期待以上の作品を作ってきてくれました。
・サザエ
・カジキマグロ
・サケ

ちょうど、飾り棚にもピッタリ。しかも、小さいものから大きなものまで並べたときにリズム感のあるものになりました。

構成もばっちりです☆

先生、さすがです!
ありがとうございます。

食事会もとてもいい感じで終了し、めでたしめでたし。

先生の作品を見たい方は「うをてつ」まで行けば見られますので、ぜひ行ってみてください!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イルカと浮き輪

Img_0237
前川淳さんの「本格折り紙―入門から上級まで」から、イルカを折ってみました。
イルカかわいいね~。折り紙らしくて好き。
フリッパー1号、2号と名づけました。
暫く玄関に飾っておこう。

前川さんの本は、本当に良く書かれた本で、入門から上級まで、徐々にステップアップ。
各作品ごとにテーマが決まっています。折り紙の本というより、教本のよう。
数学ミニコラムみたいなものも充実しているし、内容が濃い。
#表紙なんかエッシャーのパロディなんですよ!凝ってます。
しかし、それがいまいち伝わらない・・・・。アートディレクションがよくないんだよなあ。
もっとオサレに作ればいいのに(そんなことをつい考えてしまうわたし)。

・・・ま、それはさておき。
このイルカのテーマは「仕上げ」。
頭のところのペコっと折るのが仕上げのポイントらしいです。
・・・ちょっと難しかった。
Img_0238

とりあえず折り紙が終わったあと、お茶タイムしてみました。
イルカを折ったので、泉屋の浮き輪クッキー
子どもの頃から好物で、久々に食べたんだけど、美味しかった~。

次は、ヒヨコ(テーマ:「デルタ多面体」)&銘菓ひよこで行ってみるか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)