« 運慶展@東京国立博物館へ行って来ました | トップページ | ブログ引っ越しのお知らせ »

20171215フロリレージュランチ

毎年恒例、S夫妻とのフロリレージュランチ
(別名:おとなのクリスマス会)
今回も素晴らしい内容でした。
今年のフロリレージュ、6回目ですが、
たぶん最高の内容だったと思います。。
ミシュラン★★も取ったし、いま最高に乗っている状態だと思います。
予約がなかなか取れないと思いますが、ぜひぜひ足を運んでほしいお店です。
まず、前菜あたりから、かなり気合いが入ってるというか
濃厚なパンチをもらったというか。
すっぽんのクロケット。写真には写っていませんがこれに
グラスにすっぽんのミニスープが添えられていました。
小さいサイズなのに、クロケットにしてあるせいか
「立派なすっぽん料理を一皿」ぶん食べたような味わいでした。

これもよかった・・。しめさばにスライスしたじゃがいも、ブルーチーズのソース。
痺れました。じゃがいもとブルーチーズまではヨシとしては、しめさばがこんなに合うなんて。

白子と春菊。大好きな白子・・・最高

金目鯛。得意の松かさ揚げ?で。ふきのとうの苦みとの相性も最高

メインは鴨。上にはミニ大根(?)と、鴨のレバーソース。
美味しかったんだけど、このあたりからお腹いっぱいに・・・。
そして、鴨肉と鴨の卵の焼きサンド。美味しかったけど、お腹いっぱい過ぎて
一口食べたあとは、元夫に食べてもらいました・・・。

苺のタルトとピスタチオとミルクのふわふわ(?)
真っ白でわかりづらいかもしれませんが、パコジェットのふわふわの上のピスタチオのクリーム、温かいソースがかかっていて、その下は苺のタルトが。苺は生もスプレッド状(ジャム状)のもあるし、タルトのパートシュクレ部分もしっかりした味で、真っ白なふわふわが多いのに、全体としては「苺のタルト全開」。この見た目とのギャップと美味しさが素晴らしいコンビネーション。来月からコースのデザートに登場するとのこと。

川手さん得意のアマゾンカカオのオムレツ。コーヒーのソース、カカオ+クリームの付け合せも最高のバランス。川手さん、ほんとにカカオというかチョコレートのデザートが上手いなあと思います。

今回のコースは、本当に満足度が高くて、幸せな気持ちで食事を終えました。
次回、来年2月訪問予定。
また、どんな料理が食べられるか。楽しみです。

|

« 運慶展@東京国立博物館へ行って来ました | トップページ | ブログ引っ越しのお知らせ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20171215フロリレージュランチ:

« 運慶展@東京国立博物館へ行って来ました | トップページ | ブログ引っ越しのお知らせ »