« 近藤智美さんの「泉」を見ていたら、鈴木其一の朝顔に狂気を感じた理由が氷解した | トップページ | 赤瀬川原平さんの「宇宙の缶詰め」を作ってみました »

節分でした

お正月が終わると節分。ほーんとあっという間ですね。
娘は保育園で鬼の被り物を作り、下の学年の子たちのクラスで
鬼役をやってきたそうです。
むかしは、鬼が登場すると硬直していたのにねえ。
成長したものです。
当日は鬼の被り物を持ち帰り、家でも豆まきをしましたよ。
我が家では落花生ね。
各部屋の豆まきを完了したら、最後は玄関の扉を開いて
鬼を追い出します。
落花生を回収してぽりぽりと。
殻つき落花生って、年に一回この季節しか食べませんが
美味しいですね。止まらなくなりそうでしたw

夕食は海苔巻き。
私は韓国の海苔巻き(キムパ)が大好きなので、キムパを作りました。
(私は関東の人間なので、あの「かぶりつき」に抵抗がありまして・・・
切ったものをいただきました)
野菜オンリーのあな吉さんんのキムパも好きなのですが
↓この本に載ってるのね。


ちゃんと韓国風のを作りたいなと思って、コウケンテツさんのレシピを参考に
作ってみたら、これがすんごく美味しくて!
甘辛くした牛コマ炒めがグッドジョブ。
娘にも大好評。
あまった材料で翌日の朝もキムパを作ってしまいましたw
※コウケンテツさんのキムパのレシピは、こちらの本にも載ってます。

翌日は立春。旧暦での新年です。
来年は、キムパに加え、ジョン(肉や魚、野菜に小麦粉や卵をつけて焼いたもの。韓国ではお祝いのときに食べるお料理)も作りたいなあと思いました。
余談
娘から「2月ってなんで28日までなの?」と聞かれまして。
ちょっと調べてみたところ、どうやら大昔のローマでは1年の始まりは3月だったらしく
1か月を29日やら31日やらにして、最後の2月を帳尻合わせのため28日にしたのが由来とか。
確かに、2月(いま)寒いですけど、日差しはかなり強くなってきて春の息吹きを感じます。
1月よりも、2-3月が一年の始まりというのが自然のリズムからしても納得できるんですよね。

|

« 近藤智美さんの「泉」を見ていたら、鈴木其一の朝顔に狂気を感じた理由が氷解した | トップページ | 赤瀬川原平さんの「宇宙の缶詰め」を作ってみました »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分でした:

« 近藤智美さんの「泉」を見ていたら、鈴木其一の朝顔に狂気を感じた理由が氷解した | トップページ | 赤瀬川原平さんの「宇宙の缶詰め」を作ってみました »