« 若葉蔭 | トップページ | LaLa40周年記念原画展 »

夏の雲をとじこめてみました

昨日は、晴れかと思えば雨が降ったりヘンなお天気でしたが
夕方ぐらいには落ち着いてきて、娘を連れて公園へ。

ザ夏の空!という感じのモクモクした雲がホントに美しくて素敵な空でした。
好きなんですよね~、夏の空。あのモクモクした入道雲みたいな雲が好き。
で、その空を見ていたら、これをお菓子にしたいなあと思って、作ったのが冒頭の錦玉羹。
実は初挑戦。

以前、とらやの「雲の峰」というお菓子がありまして、これがホントに入道雲を閉じ込めたような傑作菓子。この「雲の峰」にインパイヤされて、インスタでフォローしている京子さんが、これまた素敵な錦玉羹を作ってたのを見て。
いつか自分でも作りたいなあと思っていたのです。

作り方は至ってシンプルで、水ようかん等を作る型に、道明寺粉を炊いたものをモクモクする入道雲のように置いて、その中に、水色の錦玉の液を流し込んで固めるだけ。

おそらく、とらやのものは、道明寺の部分がいわゆる「道明寺羹」で、道明寺粉にかんてんを入れて透明感を出す&切りやすくしているのですが、今回はそこまで手間をかけられないので、炊いた道明寺粉をそのまま使ってしまいましたw

道明寺粉の部分は粘り気があるので切り分けが大変ですが、一応雲っぽさは表現できているし、自分としては満足満足。本日のオヤツとしていただきました。
うん、美味しかったですよ(とらやには負けますが)。

夏休みの宿題1つ完成★です。
追記
20160802
写真を差し替えてみました。少しはマシになったかな。
しかし、和菓子の世界って面白いです。この表現の幅の広さ!洋菓子にはないですね。
やっぱり講座に行って習ってみたいなあ。

|

« 若葉蔭 | トップページ | LaLa40周年記念原画展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の雲をとじこめてみました:

« 若葉蔭 | トップページ | LaLa40周年記念原画展 »