« 今更ながら「シェルブールの雨傘」を観たって話 | トップページ | この山はどこかで見た山・・・ »

日月山水図屏風が大好きです

先日の京都旅行で見た琳派の展覧会。

山本太郎さんの作品で登場していた日月山水図屏風のことが頭から離れなくて。
図書館で本を借りてみたり、Webでいろいろ解説を読んでみたり、
ブームが続いています。
特に先日図書館で借りた安村 敏信さん著「ワイドで楽しむ奇想の屏風絵」が
すんごく面白くて。
解説を読んで、ますます日月山水図屏風が好きになりました。
いや、ヘンテコな絵といえばヘンテコなんですが、じっーーーとみていて
全然飽きない。面白い。不思議な魅力を持った絵です。

この絵を最初に知ったのはたぶん山田純嗣さんの作品だったと思います。

#あ、でも山田さんの作品を見たときには既に「ああ、あの絵かな?」と思った気がするので、もっと前に見たことがあるかもしれない。
山田さんの作品を見て、「ああヘンテコな絵だなあ」と。

山田さんの作品は、平面を立体化したモノが先にありますからね。
もともと立体としてとらえると矛盾があるおかしな作品を無理やり立体にして
それを平面に落とし込んでる。
モチーフも造形もヘン。ヘンテコだらけの作品を山田さんの手法で作品化してるから
ヘンテコさが妙に際立って。すごく印象に残ったのを覚えています。

残念ながら現物をまだ見たことがないのですが
図録等で見てもやっぱり面白い。

太陽、月、山、海、松、桜、雪、滝、岩、雲。
春夏秋冬。
全部が描かれてる。

で、端から見ていくと、ちゃんと流れになっていて
観ていて飽きない。
で、あのうねうね、もこもこした独特の曲線。
そして、色。
特にあの山の緑色!
季節としては春、かな。

あの山の緑色が濃い抹茶の色みたいで
なんだか美味しそう、って思って。。
で、思わず作ってしまったのが冒頭の写真のクッキー。
若干ひびが入りましたが、意外とうまくできました。
(自画自賛)
太陽は、プレーンクッキーで作ってみました。
抹茶クッキーのレシピはこちらを参考に。
焦げやすいので焼成時間を短時間(私は焼成時間12分ぐらい)にすること。焦げそうだったらアルミホイルをかぶせるのがコツかな。
濃い抹茶味で美味しかったー。

観てたのし
味わってたのし
でした★

|

« 今更ながら「シェルブールの雨傘」を観たって話 | トップページ | この山はどこかで見た山・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日月山水図屏風が大好きです:

« 今更ながら「シェルブールの雨傘」を観たって話 | トップページ | この山はどこかで見た山・・・ »