« 山月記~青春の痛さを実感する大人の再読本 | トップページ | パリオートクチュール展@三菱一号館美術館に行ってきました »

フェルメールとレンブラント展に行ってきました

先週の金曜日、元夫に娘の保育園お迎えと子守をお願いして
久々に平日夜の外出。
何を観ようかなと考えて、とりあえず、フェルメールとレンブラント展へ。
ミーハーと言われてもいいです(とういか、その通りでございます!)。
フェルメールが好きです。
と言ってもそんなにコアなファンじゃないです。
とりあえず来日したら観たいんです。
ということで、退社後に森アーツセンタに行ってきました。
フェルメール目当てて行くけれど、もしかして他の絵画も面白いかも。
なんて淡い期待を胸に向かいましたが。。








やっぱりフェルメール以外あんまりおもしろくなかったです。
↑ごめんなさい。








というか、フェルメールは、やはりほかの絵画とは全然違う。
観ていて、「目がうれしがる」感覚。
これはやはりフェルメールならではだなあと思いました。
いや、フェルメールの絵画の仕組み自体考えると
うれしがるのは「脳」かな。
いやいや、脳がそういう処理をしているからこそ、目がうれしがってるんだ。




…余計なことをいろいろ考えてしまったのですがw
とにかく見ていて気持ちいい。
前回、「青いターバンの少女」が来日したときに見ておけばよかったなあと激しく後悔。
でも、滅多に来日しない、本作を観られてやはりよかったなあとホクホクした気持ちで
会場をあとにしました。
あと、今回の展覧会で買いたかったグッズがこれ↓
アンリシャルパンティエのプティタプティ。
フェルメールのパッケージ版。これ、ホントにきれいなパッケージなんですよ。。
しかもピックが水差しになっているという凝りよう(通常版はエッフェル塔)。
Webで見て、これは!と思って。展覧会に行ったら絶対買おうと思っていました。
プティタプティは大好きなクッキーで、自分の娘の内祝いにも使いました。
小さくてお茶の時間にちょいとつまむのにちょうどよく
9種類の焼き菓子が全部美味しい。
アソートタイプのクッキーって、どれか美味しくないものが入っていて
それだけ残ってしまうことがあるんですが、これはね、全部美味しいんです。
だから、どれも残りませんw
惜しむらくは紙パッケージであることかなあ。缶だったら、ほかにもいろいろ使えると思うのですが。。でも、自分としては大満足(多分パッケージをとっておく)。
フェルメールとレンブラント展は、~3/31迄。会期終了まであと少しですが、フェルメールがお好きでしたらぜひ!
なんとAmazonでも売ってたよ。プティタプティ。

|

« 山月記~青春の痛さを実感する大人の再読本 | トップページ | パリオートクチュール展@三菱一号館美術館に行ってきました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルメールとレンブラント展に行ってきました:

« 山月記~青春の痛さを実感する大人の再読本 | トップページ | パリオートクチュール展@三菱一号館美術館に行ってきました »