« 1/2はトーハクに初詣 | トップページ | クッキーデイズ »

R.I.P. デビッド・ボウイ

デビッド・ボウイの訃報は、ほんっとに驚きました。こないだ★(ブラック・スター)が出たばかりだったし。あれから一週間ぐらい経って。それほどファンではなかった私ですが、結構ジワジワとショックが来て、自分でも驚くぐらい。

理由は色々あるんですが、やっぱり、私の敬愛するアーティストが「敬愛するアーティスト」であることが一番大きいかなあ。

ヨシキさんもインスタでこの写真を投稿してたり。
(当時、この対談の後、ヨシキさんは「イカ天」の審査員として登場してて
みるみる機嫌が悪くなっていったのを憶えていますw 「さっきまでボウイと対談してたんですが、こういう(ダメな)バンドの演奏見てると「…」って気持ちになりますよね」と仰ってました)
櫻井敦司さんも「愛の惑星」のラストで「spaceoddity」をカバーしてたり。
(映像がどこにも落ちてないので、リンク貼れないのですが
機会があったらぜひ見てみてほしい。名演です)
あとは、布袋さんも「starman」カバーしてたり。
特に櫻井さんの「spaceoddity」のカバーは実に感動的で。実は「愛の惑星」のライブをDVDで見たときは、私はオリジナルを知らなかったんですが、後からいろいろ調べて、これは名曲だわ。。と改めて思った次第です。
曲のアレンジも歌詞も本当に素晴らしい。
特にラストの
「…Planet Earth is blue and there’s nothing I can do」
という歌詞がホントに美しくて。
亡くなった今、「spaceoddity」の歌詞はめっちゃ沁みます。
あと「starman」も。
先週一週間はホント悲しくて、Youtubeでボウイのアルバム、特に「ジギースターダスト」、「ハンキー・ドリー」あたりを繰り返し聞いていたのですが。やっぱりねえ。いいんですよ。
特にこのあたりのアルバム、ヨシキさんも大好きなんじゃないかな。
ボウイが、普通のロックスターとちょっと違うのはジェントルマンだったりソフィスティケートされたところがあるせいかな、と思っています。
グラムでギラギラでアバンギャルドあっても、その裏には知性や品みたいなものがあるし。
こないだfacebookで
「ボウイを一言で言うとかソフィスティケートされた華麗かつアバンギャルドなジェントルマンロック、かな。どんなに語っても語りきれない。偉大なるロックスター。日本のビジュアル系の原点です。」
と書きましたけど。
まさにそんな感じ。
特に私はビジュアル面に興味があって、今年の春に回顧展が開かれるそうなので
ぜひ足を運びたいと思います。
冒頭のアイシングクッキーは、連休中に作成したもの。
造形で表現すると、やっぱコレかなあと頭に浮かんで、さっと作りました。
…そういえば、アラジンセインのときのコスチューム。
昨年のハロウィンで、ヨシキさんきゃりーぱみゅぱみゅさんがコスプレしてましたね。
「あのー、これは何かの戦隊モノのコスプレですか?」とコメントしている人がいましたが。
確かに、日本人が宇宙っぽいコスプレをすると、戦隊モノっぽくなるw
アバとかしっかり宇宙っぽい感じになるのに。。なぜw
ちなみに、アラジンセインの稲妻は日本の「ナショナル」の稲妻マークから
インスパイヤされたものらしいです。
まわりまわって「日本」なのが面白い。
最近のアルバムだと「ザ・ネクスト・デイ」がよかったなあ。「ホエア・アー・ウィ・ナウ?」とか、本当に美しい。枯れて、ゆっくりと自分の人生を回顧する。よくもこんなに美しい歌を、と思いました。

|

« 1/2はトーハクに初詣 | トップページ | クッキーデイズ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R.I.P. デビッド・ボウイ:

« 1/2はトーハクに初詣 | トップページ | クッキーデイズ »