« DIQ2016@武道館でした | トップページ | R.I.P. デビッド・ボウイ »

1/2はトーハクに初詣

ようやく新年の記事をアップしますw

お正月はなんだかんだであちこちお出かけしまして1/2は上野の東京国立博物館(トーハク)に行ってきました!娘のトーハクデビューです。

たつトーハクが1/2から開館するようになって何年経つだろう。特別公開される「松林図屏風」、獅子舞やお囃子など、お正月ならではのイベントに力を入れていて、一度行ってみたかったんですよ。1/2のトーハクは意外と混雑してて、松林図屏風が展示されている部屋も大混雑。

娘のご機嫌もいまいちでしたが、干支にちなんだおさるのコーナーではご機嫌もよくなってきて「おさるさんかわいいねー」と親子してニコニコしながら見てきました。

★子ども連れトーハク鑑賞メモ★
・もっと空いてる日に行こう!できれば午前中早い時間に。
・できればトーハクの託児サービスのある日に行って、まずはじっくり見たい作品を見て、それから託児からピックアップして一緒に楽しめるものをみよう。
・ご飯難民にならないようにお弁当は必須。地下に飲食できるスペースがあるので、そこでお弁当を食べるとヨシ。

おさるの絵は中国絵画の影響を受けた作品も多く、観ててホント面白い。本歌取りではないけれど、オリジナルの絵(例えば、牧谿)がこうで。。とアイフォン等で見比べると面白いですね。
この狩野山雪のおさるの絵も、
>>猿猴捉月=猿猴(えんこう)が月を取る
「僧祇律」七の、猿が井戸に映った月を取ろうとして水におぼれたという故事から》身分不相応な大望を抱いて破滅することのたとえ。猿猴捉月(そくげつ)。猿猴が月。猿猴が月に愛をなす。
コトバンクより

をモチーフにしたものですが、そんなアホアホなおさるさんの絵であることはさておきw
ホントかわいいんですよね。もちろん牧谿のおさるさんもホント素晴らしいのですが、牧谿のおさるさんに影響を受けたこの山雪の絵もホント素晴らしい。
というか、トーハクのさるの絵の中で一番かわいかった!!萌えた!!

昼頃、地下の飲食スペースでお弁当食べて、獅子舞を見て帰って来たのですが
私たちが帰るころには、チケット売り場は大行列。早めの時間に入場しておいて、よかったですわー。来年来るときは朝イチぐらいで来ようっと!

あ、そうそう。当日お土産にこの山雪の猿が描かれたカレンダーをいただきまして。
あまりにかわいいので、アイシングクッキーにしてしまいましたw

アイシングしてるときに気付いたのですが、このおさる、笑ってるんですよね。

ほんとにかわいい。思わず、むかし森美術館で見た「日本美術が笑う展」を思い出しました。あの展覧会はホントよかったなあ。山下裕二先生と、赤瀬川原平さんのトークショウも最高で。思わずカタログを買ってしまいましたっけ。。

&今回のアイシングはベースのクッキーをココアクッキーで作ったので、手足の表現がいまいち分かりづらいのですが、黒のアイシングで描くと水墨画が実にいい感じに表現できることに気づきました。これ、ありだなあ。次回別の水墨画にチャレンジしようと思いました。

それと、ショップでお土産も購入しましたよ。



埴輪の靴下。
履くと意外と埴輪に見えないのがちと残念ですが、本人はかなり気に入っておりました。
トーハクのミュージアムショップがんばってます!
また行きまーす。

|

« DIQ2016@武道館でした | トップページ | R.I.P. デビッド・ボウイ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/2はトーハクに初詣:

« DIQ2016@武道館でした | トップページ | R.I.P. デビッド・ボウイ »