« 「百年の孤独」読書会でした | トップページ | 夏の名残りの「水の宿」 »

引き続きもやもや

先週の土曜日元夫と会って、養育費の件で話をしたのですが

やっぱり離婚のときに約束した養育費を全額は払いたくないと言ってまして。
ざっくりいうと離婚のときに約束した養育費の2/3の額に下げてほしいと言ってきました。
11月以降滞納した養育費についてもその額で遡って支払うことにしたいと。

とりあえず一時間話して話し合いは終わりにしましたが

一番気になるのが
「11月から今までの分(10か月分)の養育費を遡ってその額(2/3)にしたい」
という点。
私としては離婚したときの条件がその金額だったので、ちゃんとその額で払ってほしいんですよね。
今回元夫が言いだした「遡って」というあたりに、今回の養育費滞納問題を正当化したいような気持ちが見え隠れするんですが。つか、明らかか。
要は
滞納していることを私が周囲(知人、友人、元夫の実家)に話したことをきっかけに「値下げしてほしい」ということを言い始めて、それを知られるのが恥ずかしいという気持ちが動機になってるのが、すんごく腹立たしいんですよね。
土曜に会ったときの元夫の態度もそんな感じで。。
恥ずかしいなら全額払えばいいのに。それができないのを私が決めた金額が高すぎたせいだとか後でいろいろ言いだして、男らしくないことこの上なし。。
まあ、あきれるやら何やら。
元夫の実家に今回の話の内容は報告しなくてはならないので
話して、それからだなあ。
でもまあ前よりかはもやもや感は薄れてきたのでヨシとしよう!

|

« 「百年の孤独」読書会でした | トップページ | 夏の名残りの「水の宿」 »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引き続きもやもや:

« 「百年の孤独」読書会でした | トップページ | 夏の名残りの「水の宿」 »