« 岩崎貴宏展@小山車屋美術館 その2 | トップページ | 石橋かおりさんのデザートの本 »

岩崎貴宏展@小山車屋美術館 その3

さて、最後の展示スペース。すんごい立派な古民家で、聞けばこの近辺の大金持ちだった人のおうちとか。

ここは玄関部分が撮影禁止で、うんと下がって撮影。旧小川邸という無形文化財の家屋内での展示。ここでのフェノタイピック・リモデリングは、畳の上に設置されています。これが、この付近に見られる関東平野の風景と重なります。北関東の広ーい平野に看板が連なる風景がうまーく表現されています。文庫本のしおりで作ったクレーンがかわいいテクトニック・モデルも展示されていて、部屋の雰囲気ともマッチしていました。

布団カバーにも、 蚊帳にもいろいろなほどこしがされw

あれ?おばちゃんちに来たのにちょっと様子が違うぞという雰囲気が

そこかしこに見られw なんだかパラレルワールドに来たような演出に
終始ニヤニヤしっぱなしでした。
ここには岩崎さんの作品は展示されていなかったのですが
すんごく立派な洋室があったので写真をパチリ。大昔、皇族を泊めたこともあったとか。

いやー、素晴らしかったです。
間々田という場所、このお屋敷を活かし切った作品の数々に感動しっぱなし。
以前川崎で、工場をテーマにした作品を(実際に工場の風景を見ながら)鑑賞したときも
感動しましたが、今回の展覧会は戦争、震災、いろいろな要素がオーガニックにつながって自分の中でも想像以上の感動が湧きあがりました。

帰りの電車からも鉄塔、送電線、看板がたくさん見えたのですが
この展覧会を見た後だと、また違った趣きを持って見えました。
いやー、こんなすごい作品をつくるようになった岩崎さんの作品
もう高くて買えなくなりそうでw
後日アラタニウラノ(岩崎さんの作品を扱うギャラリー)に行ってみました。
幸いまだ買える作品がいくつかあったので、お値段次第では
買うかもしれません。。
ああ、ついに買うかあ!
でもいろいろ「買う買わない」でウダウダ悩んでるんだったら
思い切って買ってスッキリしちゃった方がいいかもしれない。。

|

« 岩崎貴宏展@小山車屋美術館 その2 | トップページ | 石橋かおりさんのデザートの本 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩崎貴宏展@小山車屋美術館 その3:

« 岩崎貴宏展@小山車屋美術館 その2 | トップページ | 石橋かおりさんのデザートの本 »