« 今年のジャンナッツダージリンファーストフラッシュ | トップページ | 20150608フロリレージュランチ »

苦手なものは何ですか

ちょっと仕事がらみで、失敗というかトラブルがありまして。

詳細は書けないのですが、自分としては「えええ、そんなことあるの?」ということが起こったものの、事務方の人のお蔭で事故を未然に防ぐことができました。
ほっ。
ホントについてました。事務の人に大感謝!
という事件がありまして。
改めて思うのは、自分が事務方の人間だったら、このミスを看過してたなあと。
自分は絶対この業種の事務の仕事は向いてないなあと。。
私は、ホントに細かい仕事が苦手で
(それだけで、この仕事は向いてないという説もあるw)
ギリギリのラインで何とかもってるのも
「苦手」の度合いが致命的なレベルではないことと
「苦手」という自覚のもと、それなりの手当ができているからではないかと思います。

職業を選ぶとき「苦手」が何かをわかっているってすんごく大事だと思っていて

ぶっちゃけ、「苦手」を避けるだけでも、結構いい職業選択はできるのはないかと思っているぐらいです。
世の中的には「好き」や「得意」で職種を選ぶことが大事だという風潮ですが
(それで選んでもいいんだけど)「苦手」が何かを考慮することがどれだけ大切か。
社会人になって20年弱。それを痛感しています。
なので自分が何を好きか分からない~、仕事何にすればいいのか分からない~という人はとりあえず自分は何が苦手か分析して、苦手じゃない職種を選ぶのがいいです。
もしくは「嫌い」ではない職種を選ぶのでもよいと思います。
で、自分が若かりし頃を振り返ってみると
この「苦手」ってもんがよく分かってなかった。
まあ自分の「苦手」なんて正視できないもんかもしれないけど
若いときは、ちょっと冷静になって、自分は何が苦手か。
他人との比較でもいいんだけど、客観的に分析しとけばよかった。
若いときって
「オレ(わたし)、こんなもんじゃないはず!」
とか自分の才能を過信しがちなんだけど
→世に言う中二病。
若いなりにちゃんと
これはできない(苦手)、これはできそう(得意)
の判断をするというか、自分の才能を見積もることをやらないと
言い訳ばっかりしてて、全然自己実現できないダメな大人になってしまいます。
→世に言う中二病をこじらせてる状態。
で、苦手がわかるためにはどうすればいいかというと
とにかく多様な経験をするしかないと思います。
部活でもアルバイトでもいい。
好きなことばかりでなく、嫌いなこともやってみる。
その多様な経験の中でしか自分は何が苦手か発見できないと思うのです。
自分の場合、この「細かいことが苦手」なのを発見したのが
大学四年生ぐらいで。
→遅いw
実験用のデータの整理をしてたら、これがもう間違いだらけでw
エクセルの入力もズレまくりw
当時の先輩たちにはホントご迷惑をおかけしました。
振り返ってみると、当時も「あれ?なんで間違えてるんだろ?」と
できない自分をなかなか認められなくて。
やっぱりもっと若いうちにこういうことは気付かないといけないなあと
思った次第です。。
あと、自分の周りで成功?している人の話を聞いてると
やっぱり小さい頃から、自分は何が苦手か(他人に負けるか)を
客観的に分析できてる人が多いんですよねえ。
たまたまなのかもしれないけど。
それが小さい頃というか若い頃からできてて
その上で自分の好きなこと、得意なことの時間の振り分けができているという
パターンが多かったんですよね。
なので、うちの娘にもとにかく多様な経験をさせて
何が苦手かをちゃんと自覚させたいなーと思っています。
それはたぶん「好きなことをさせる」よりも
大事なことだと思っています。
「好き」ももちろん大事だと思います。
でも、最近思うのは「好き」ってそんなに偉いのかなあということ。
世の中的に「好きなことをやってる人」=偉いみたいな風潮があるのですが
なんかそれってホントにしあわせなのかなあと思っていまうのです。
「好き」を突き詰めることで幸せになった人と
そうじゃない人の統計をとったらどんなもんだろうね。。
意外と半々ぐらいではないかと思うのです。
自分の「好き」という気持ちの奴隷にならないこと。
コントロールができること。
それも結構大事だと思うのです。

|

« 今年のジャンナッツダージリンファーストフラッシュ | トップページ | 20150608フロリレージュランチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦手なものは何ですか:

« 今年のジャンナッツダージリンファーストフラッシュ | トップページ | 20150608フロリレージュランチ »