« 松園と華麗なる女性画家たち展@山種美術館 | トップページ | 今年初のプール遊び »

森山開次+ひびのこづえ「サーカス」@新国立劇場

先週の土曜日、森山開次+ひびのこづえ「サーカス」@新国立劇場を見てきました。
いやー、楽しい作品でした!
大好きなひびのこづえさんの衣装が、森山開次さんのダンスでダイナミックに展開され。。
いや、逆かw
ダンスの振り付けが先か、衣装が先か。
またはこれらの相互作用か。
とにかく2人の素敵なマリアージュに
終始顔がほころびっぱなしでした。
ひびのさんの衣装は、野田秀樹作品等で見ていましたが
野田作品よりも、ダンス公演の方が、ひびのさんの衣装の良さが出ている気がしました。
野田作品も結構動きはダイナミックですけどね。
例えば、このサーカスのテントみたいな衣装も、袖がわっかになって、縄跳びしたり
何重かのわっかにして、飛び越えさせたり。あとスカートの下も水色のフリンジが付いていて、スカートが上下するたびに面白い演出になるんですよね。
とにかく衣装と相まったダイナミックな動きがホント面白くて。

あと、床面に映し出される映像とダンサーとの動きの組み合わせで
「流れ」を演出したり(むかしのダムタイプのP/Hを思い出しました)、
映像とのコラボレーションも面白かったなあ。
私はバルコニー席で見たのですが、この床の演出はたぶん1階席では
分かりづらかったのではないかしら?
バルコニー席でラッキーでした。
今回の公演は、子どもも鑑賞OKという趣旨の公演で
小学生ぐらいの子どももたくさん見に来ていましたね。
モダンダンスではありますが、小難しい内容ではないし
器械体操等、アクロバティックな演出もあったので
子どもたち大喜び!
あはははは!と笑ったり
手を叩いたり
そういう無邪気なリアクションに、思わずこちらも微笑みが漏れる
楽しい講演でした。
新国立での子供向けの公演はここ何年かずーっとやっていて
しかもひびのさんが衣装を手がけることが多いので、次回もぜひ足を運びたいと思います。

|

« 松園と華麗なる女性画家たち展@山種美術館 | トップページ | 今年初のプール遊び »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森山開次+ひびのこづえ「サーカス」@新国立劇場:

« 松園と華麗なる女性画家たち展@山種美術館 | トップページ | 今年初のプール遊び »