« 久々にアイシングクッキーにチャレンジ | トップページ | リカちゃんハウス購入 »

子育てリア充→おばちゃんか?!

今日のエントリは、なんてことがない内容なのでブログに書くのもどうかと思ったのですが。。

ツイッターで書くとしても意外と長くなりそうなので、ブログに書きます。
今朝、娘を保育園に送った後、自転車を走らせ最寄駅の
自転車置き場が見えてきたとき、ふとユーミンの「丘の上の光」という歌が頭に浮かんだのです。
朝のラッシュの時間帯ですから、私の前にもたくさんの自転車に乗った人がいて。
彼らも自転車置き場に自転車を寄せるわけなんですが、
ちょっと雨ふりのしっとりとした朝、自転車に乗る前の人を見ていたら
「いま大切なのは 前をゆくあなたが♪」
という歌詞がふと頭に浮かんだのです。
※「丘の上の光」という歌は、2人(カップル)が自転車を走らせるという歌詞なのですが
ふとしたとき、恋人の後ろ姿をみて、(日常から離れて)ふと、移ろいゆく未来を想像してみる、そういう瞬間が美しい情景とともに描かれていて大好きな曲です。。

そのフレーズを小さく口ずさみつつ、ユーミンの曲を脳内再生してみたら。。

その自転車置き場近辺の風景が、しっとりとした情景に見えてきたのです。
ああ、こういう感じずーっと味わってなかったな。。と。
絵に彩りを添える。
まあユーミン自身、美大で絵を描いていた人だし
曲も独特の絵画的な要素たっぷりなんですが、
久しく聞いていなかったぶん、思わず脳内再生された瞬間の
インパクトが大きくて、その曲の絵画的な要素に驚きました。
思えば、わたし、中学、高校時代はユーミンも聞いたし、マンガも読んだし
絵も描いて、そういうイマジネーションの世界にどっぷり浸っていたけど
今はほーーーーんと、そういう時間も少なくなり
育児にどっぷりつかっていて、ある意味「リア充」なんですがw
リアルというか日常に忙殺されてると、おばちゃん化しちゃうなあと。
今朝のユーミンではないけど、ファンタジーの要素はエッセンス的に
必要なんじゃないかと改めて思った次第です。

ファンタジーばっかりだと、ただの二次元コンプレックスや、オタクになっちゃうけど。
ホント、最近、美術館とかギャラリーとか割と行ってますけど
そういうのは大人っぽいファンタジーなんですよね。

ユーミンとかマンガとか、そういう乙女というか子どもっぽいファンタジーが
ときには必要だなあと思いました。

というか、今日改めて
「あたしの心は乾いてる」
と思いましたw

少し潤わせないとね。
「丘の上の光」はアルバム「悲しいほどお天気」に収録されています。名曲!そしてアルバムも名盤!

|

« 久々にアイシングクッキーにチャレンジ | トップページ | リカちゃんハウス購入 »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育てリア充→おばちゃんか?!:

« 久々にアイシングクッキーにチャレンジ | トップページ | リカちゃんハウス購入 »