« リカちゃんハウス購入 | トップページ | プラズマクラスタの除湿機買いました »

高橋龍太郎コレクション展に行ってきました

さて。先週の土曜日、娘を連れて高橋龍太郎コレクション展@オペラシティに行ってきました。予想どおり、いや、予想以上に面白かったです。おすすめです!
正直なところ、高橋先生のコレクション展は「ネオテニージャパン」以来何度か足を運んでいるので、大体内容はわかってるつもり・・と出かけてみましたが、コアになる人気作品(会田誠等)は変わらないものの、ほぼ毎回展示作品が違う。。

いったいどれだけのコレクションを持っているんだ、倉庫代いくらかかってるんだと余計な心配をしてしまいましたw

まあそれぐらいの膨大なコレクションなわけですが、今回の展示も見てて、あの作品もこの作品も高橋先生が買っていたのか!という驚きがありました。自分も20年近く現代美術ファンをやっているので、あちこちの展覧会を見ています。その中でも、自分なりに「これって結構重要な作品だな」というのがあって、これらがこの高橋コレクションに入ってるという。。

この驚きを喩えるならば
初めて東京国立博物館に行ったときに美術の教科書に出ていたあの作品もこの作品も全部トーハクにあったんだと知ったときの驚きにも似ています(ちょっとオーバーか)。

まあ、それぐらい高橋コレクションはすごいです。
あと、身銭を切って買ってる作品はやっぱり違うなあと。

普通に美術館が買った作品ももちろんいいんです。でも、個人が自分で稼いだお金で買うとなったときに、やはり選びに選ぶわけなんです。○○の作品だからとか、そういうのではなく、自分が好きで好きで買う。そういう愛情というか、研ぎ澄まされたものが感じられたのがよかったですね。
私もそんなにたくさんではありませんが、個人的にアート作品を買ったり、買おうとしたりした経験がありまして、そのときの感覚というか気持ちの高まりみたいなものが自分の中ふつふつと蘇ってきたんですよねえ。


個人的には、草間弥生の「インフィニティネット」や、小谷元彦の「Human Lesson (Dress 01)」、村上隆の「ポリリズム」でかなり胸熱。
インフィニティネットは、以前トークショウで、コレクションを始めたきっかけのお話をされたときにも出てきて、ホント原点の作品。
Human Lesson (Dress 01)は、個人的にほーんと大好きな作品で、再会できてうれしくて。
娘に「これは狼でできていてね。小谷さんのお母さんが洋裁をやっていてね・・・」と解説していたら、側で見ていた他の人に「ほほー」と言われたりw
あとポリリズムは、村上隆さんの初期の作品で、たぶんこのころの作品が一番好きだなあ。ドブ君とか、90年代の香りがしてちょっと懐かしくもありました。

あと、びっくりしたのが、塩保朋子さんの「cosmic perspective」を持っていたこと、1つ大型の作品を持っているのは知っていたのですが、この作品も持っていたとは知りませんでした。たぶん初めて見ましたが、渦巻く潮流みたいなものが、壁に立体的に張り付いていて、これどうやって作ったんだろうと思ってしまいましたw

今回娘を連れていったのですが、意外と楽しんでいたようです。
特にHuman Lesson (Dress 01)は、リビングにポストカード貼ってあるので、おんなじー!!と興奮してました。狼なので、ビビると思いきや意外と興味津々で見てましたね。
古典絵画だと、娘にはちと退屈だと思うのですが、現代美術はけっこう楽しいようで
今後も現代美術を見に連れて行こう♪と思いました。

★お土産★
帰りにギャラリーのショップに寄ったら、娘の好きな奈良美智さんの犬のぬいぐるみ(小サイズ)があり、おねだりされたでの購入。ほんとかわいい。。

ネオテニージャパンのカタログ。高橋先生自身の解説が入っていて読み物としても面白いです!

|

« リカちゃんハウス購入 | トップページ | プラズマクラスタの除湿機買いました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋龍太郎コレクション展に行ってきました:

« リカちゃんハウス購入 | トップページ | プラズマクラスタの除湿機買いました »