« 元夫のコーヒー店のオープニングパーティで | トップページ | オロスコ展、未見の星座展@東京都現代美術館 »

山本基展@ポーラミュージアムアネックス

昨日は銀座まで足をのばして
山本基さんと言えば、塩で描いた曼荼羅のような
迷宮のような作品というイメージなんですが
今回の作品は、まるで鳴門というか川の流れというか。
うねるような曲線が印象的でかなり好み。

別の方向から撮影。
率直に言って
塩保朋子さんの作品にそっくりな気がするのですが
あの時も山本基さん出展してましたからね。
今リンク先で塩保さんの作品を見て改めておもったのは
塩保さんの作品が立ち昇る龍のようだとすると
山本さんの今回の先品はホントに川のうねりというか
台風みたい。
似てるようで違い
違うようで似てる
5年経てリンクしたということでしょうか。
ただ一つ言えるの言えるのは
塩保さんのように縦に展示した方がダイナミックさは
際立つということ。
わたしは塩保さんの作品をMOTの他にルイヴィトンギャラリで見たのですが
あの大きさの作品が縦方向に展示されているとホント圧巻なんですよね。
今回山本さんの作品を見て改めて気づきました。
(結果的にあんまり好意的な感想になってませんが
見る価値はあります!)
2015年3月1日まで。

|

« 元夫のコーヒー店のオープニングパーティで | トップページ | オロスコ展、未見の星座展@東京都現代美術館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本基展@ポーラミュージアムアネックス:

« 元夫のコーヒー店のオープニングパーティで | トップページ | オロスコ展、未見の星座展@東京都現代美術館 »