« 【お悩み相談】夫がお金を返してくれない | トップページ | 木村恒介展@リクシルギャラリー »

菱田春草展@国立近代美術館

先週の日曜日、菱田春草展@国立近代美術館に行ってきました。
前週の日曜美術館で紹介されたせいか
10/15~黒猫の絵が展示され始めたせいか
大混雑><
でも、展示の後半に行けば混雑も緩和され
なかなかよかったですよ。
菱田春草って、猫の絵以外あまり知らなかったんですけど
風景画(特に夕暮れどきの絵など)とか独特の色使いですね。
実際、春草は色の研究はだいぶしたようなのですが
何というか、ああやっぱりこの絵は「近代画」だなあと。
西洋画へのあこがれというか新たな技法への野心というか。
近代美術館にはそれこそ油絵の近代画がたくさんありますが
春草の絵をずらっと並べるとその色使いに「脱古典」「新たなものへの憧れ」みたいなものが感じられて、ああ、近代だなあと。
絵はほんとに素晴らしいと思います。
でも。。
なんとういか
「こっぱずかしい」
↑すみません!!!
でも、私にとっての近代画ってそうなんですよ。
西洋の憧れとか古典への懐疑とか。当時は一生懸命だったんだと思うのですが
いま見ると、なーんかちょっと恥ずかしい。。
いや、ものすごくきれいなんですよ!春草の絵は。
猫の絵もやっぱり傑作だと思うし。
そんなことを考えたのは
今回の常設展示の影響もあるのかなあと思いました。
今回の常設展示もほーーーんとよかったですよ。
前回のヤゲオ財団の展覧会のときにも思いましたけど
企画展よりも満足度が高い。
企画展は企画展でほんと素晴らしいのですが、この常設展を見るとねえ。
やっぱり近代美術館すごいわと思います。
学芸員さんが変わったのかな。常設の展示が昔よりずーっと魅力的になった気がします。
今回は東山魁夷先生の作品がだいぶ出てたのと、日本美術院特集がよかったですねえ。
あと、加山又造の千羽鶴が展示されてました!
やっぱいいですねーー。加山又造的琳派の解釈。ばばばばーーーーっと旋回する鶴が圧巻。

あと藤田作品が割と充実してて、定番のアッツ島玉砕の他にも
いくつか作品が見られたのがよかったなあ。
加山又造の千羽鶴とか、アッツ島玉砕とか、同時に見られると
会田誠ファンとしてはかなりかなり胸熱です><
あとは大好きな中西夏之
そして奈良美智さん。
2階のフロアに来て、この奈良さんの作品とか、河原温さんの作品とか、チンポムの映像作品を見るとなんだかほっとするというか。現代に戻ってきた気がするんですよね。
はい、これで戻ってきましたよ、というか。いい句読点になってる。
昔は、奈良さんは近代じゃないだろ、現代だろ!
なんて思っていましたが、
最近は、近代を扱う美術館で「現代」の作品を収蔵する意味っていういうことなのかなーと思うようになりました。
やはり、近代と現代とを結ぶブリッジみたいな作品も収蔵することは意味があると。
奈良さんの作品は個人的にも大好きな作品なので、ずーっと展示していてほしいな。

ファミサポの方に娘を預けている間、いっつも何しようか迷うのですが。
最近は美術館に行くのが定番化してきました。
近代美術館も森美術館も、がんばれば3時間で戻ってこられることが分かったので。
やっぱり美術館行くと「子どもを預けてる間しかできないことをやったなー」って気になるので、割と充実感味わえるんですよね。

というわけで、たぶん次回ファミサポの方にお願いするときも美術館へ行こうと思います。

|

« 【お悩み相談】夫がお金を返してくれない | トップページ | 木村恒介展@リクシルギャラリー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菱田春草展@国立近代美術館:

« 【お悩み相談】夫がお金を返してくれない | トップページ | 木村恒介展@リクシルギャラリー »