« 昔の恋を懐かしく思うのは、今の自分が幸せだからこそ | トップページ | 第4回古典SFを読む会『海底二万哩』でした »

仕事と育児と介護と

20代の出産、30代の出産、40代の出産。

いろいろなスタイルがあると思うけど、やはり若いうち(できれば20代)で第一子出産をおすすめするのは、体力の問題と、親の介護の問題です。

若いうちにしっかり仕事をして、それから出産するというのもいいけど

実際35歳を過ぎると妊娠しづらくなるし、また、親も高齢になり育児の手伝いどころか
介護の問題が発生するおそれもあるし、ほんと若いうちの出産をおすすめします。
いま自分の実感としては
やっぱり20代または30代の早いうちに出産をしておきたかったなあと思います。
まあ相手あってのことなので
コントロールできないことでもあるのですが、子育てって体力勝負なところがあるし
第一子を生んで育ててみて分かることもたくさんありますからね。
(第二子欲しいなあと思っても、既に年齢が。。ということもあるということです)
また、いま私に実際起こっていることなのですが
親の介護問題。
実父の体調が芳しくなく、たぶんもうすぐ要介護状態になると思います。
母は「あなたは仕事と子育てをしっかりやりなさい。お父さんのことは私がみるから」
と言っていますが、母も高齢(75歳)ですからね。わたしもある程度サポートしないと
いけないだろうし。
しかも、わたし、一人っこなんですよねえ。
これから出産を考えている女性はほんと、若いうちに生んでおいた方がいいですよ。
仕事なんて後からどうにでもできますから。
というか子育てしながらの方が仕事のスキルの伸びは早いと思います。
(これほんと)
若いうちから、この人は伸びるなあという人を見極めて、パートナーにしちゃう!
それが一番いいなあと思う今日この頃です。
ある程度年齢がいってからパートナーを探すのってけっこう大変ですよ。
いい人から売れていくしw

|

« 昔の恋を懐かしく思うのは、今の自分が幸せだからこそ | トップページ | 第4回古典SFを読む会『海底二万哩』でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事と育児と介護と:

« 昔の恋を懐かしく思うのは、今の自分が幸せだからこそ | トップページ | 第4回古典SFを読む会『海底二万哩』でした »