« パフェを作ってみました! | トップページ | クッキーのアイシングに再チャレンジ »

「たよりない現実、この世界の在りか」展@資生堂ギャラリー

昨日お昼休みを利用して銀座の資生堂ギャラリーで開催中の
大好きな荒神さんが参加するこの展覧会
予備知識はほとんど持たずに見に行ったんですが
いやー、面白かった。
まず入り口。いつものギャラリ入口が「点検口」になっています。

工事中のような階段を降りるとなんとホテルが構築されていました。

ここは撮影可なので撮影させてもらいました。

ね?ほんとのホテルみたいでしょ。
普段の資生堂ギャラリを知っているから
この異空間にはホントに驚きました。
ホテルの扉からは中の様子をうかがえます。
それが中の様子がかなり暗く、目が暗さに慣れてこないと見えてこない仕組み。
(途中、それが何かはわかるようになっています)
ホテルの廊下部分もディティールまでこった作りになっていて
本当にホテルみたい。
圧巻なのは、一番奥の部屋。


ネタバレになりますが、鏡です。





















最初アレ?と思ってよーく見ると。。
自分が映っていないので、もしかして?と手をのばすと向こうの部屋に行けます。
その向こうの部屋は手前の部屋と鏡写しの世界。
手前の部屋においてあるものすべて(ミニバーのラベルも全て!)反転した世界です。
度肝を抜かれました。
ちなみに展覧会スタッフからはなーーーーんにも示唆されなかったので気づかないで
帰ってしまう人もいたのではないかと思います。
面白かったのは、反転した世界の部屋からこちら側の部屋を見たとき
今までいたあの部屋が実に奇妙な感覚で見えてしまうのです。
あちらが「実」、こちらが「虚」のはずなのに
あちらが果たして本当に「実」なのか?
自分の感覚が揺るがされるような、実に奇妙な体験。
驚きました。
荒神さんの作品はそれなりの数を見てきたのですが
ホントに振れ幅が大きいというか、いろんな作品を作っています。
そういう作家って、「この作品は好きだけど、こっちはいまいち・・」
なんて思ってしまうこともあるのですが、荒神さんの作品に関しては
私はすべて好きです。
これが彼女の才能のすごさというか。
アーティストとしても旬なんでしょうね。
展覧会は~8/22まで。
必見です。
追記
展覧会があまりによかったので帰りに資生堂パーラーでチーズケーキ買ってしまいました。精神的な「お布施」みたいなもんですね。
資生堂ってこういう文化事業を継続的にやっていて、本当に素晴らしい企業だなと思います。
※チーズケーキはいつも通り美味しかったです。パッケージもおされだし日持ちするし
おすすめです。
Amazonでも売ってます↓

|

« パフェを作ってみました! | トップページ | クッキーのアイシングに再チャレンジ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「たよりない現実、この世界の在りか」展@資生堂ギャラリー:

« パフェを作ってみました! | トップページ | クッキーのアイシングに再チャレンジ »