« 娘たんの3歳の誕生日 その2 | トップページ | おまる購入 »

第3回古典SFを読む会「ふりだしに戻る」

少し前のことになりますが、二か月にいっぺん
友人たちと開催している古典SFを読む会「ふりだしに戻る」の巻
に参加してきました。
いやー、意外と読むのが大変だったw
特に前半。
昔のニューヨークの描写が延々続くんですよ。
たぶんニューヨークのことをよく知っている人が読めばかなり面白いと思うのですが
よく知らない私には結構苦痛で。
後半、やっとこさぐぐぐと面白くなってきて
最終的には「おお、おもしろい」と思えたのでヨシとしますが。
傑作かと問われれば「??」かも。
まあでも
文章で読むと苦痛だった前半も
映像で見るとかなり面白いのでは?と思いました。
実は20代のときに一度この作品を読みかけたのですが
(でも挫折)
読もうと思ったキッカケが、この作品をロバートレッドフォードが映画化する
という話を聞いたからなんです。
結局映画化はされなかったと思うのですが
たぶん映画にすると面白いと思います。
特に前半、ビルの中で歴史上のいろんな場面を
再現しているシーン。このシーン自体映画の撮影シーンみたいだし
結構面白いのでは?と思いました。
今回は手土産にお菓子を少し持参しました。
手作りのフォーチュンクッキー。
小説に登場するモチーフ「手紙」の形で作ってみました。

ネットに載っていたレシピで作ってみたんですが
いったん焼成したのを折り曲げるので意外と難しい!
あと生地の焼き加減が難しく、若干焦げ気味に。。
(でも小説の中の手紙も一部焦げているので
まあいいかと思ってみたり。。)
中には中国の故事成語など入れてみました。
友人たちにも好評~。
よかったよかった。
しかし、このフォーチュンクッキー
もうちょっとうまく作りたかったな。
また作ってみたいと思います!
キングの11/22/63ってふりだしに戻るのオマージュなのね。。ちょっと読んでみたくなりました。

 

|

« 娘たんの3歳の誕生日 その2 | トップページ | おまる購入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回古典SFを読む会「ふりだしに戻る」:

« 娘たんの3歳の誕生日 その2 | トップページ | おまる購入 »