« 2013年椿会展で内藤礼さんと赤瀬川原平さんの初心に触れた | トップページ | 外食とは、これすなわち旅なり »

エディション コウジシモムラ でランチを楽しんできました

今週の火曜日、午後半休をとって
六本木一丁目にあるエディション コウジシモムラ
にてランチを楽しんできました。

今回頼んだのは「おまかせ」コース。
スペシャリテ満載の豪華なランチでした!

印象的だったのは鯛のフライ?のようなもの。
パリパリの衣にしっかりした味の鯛、それに
すっぱめのソースがばっちり合っていて
さすがスペシャリテという感じ。

あとは、リードヴォーも美味しかったし
白をテーマにしたデザートもすばらしかったです。
ライチ、パイナップル、アロエ、ババロア?などが組み合わさって
高級なアロエヨーグルトという感じ。
かなり好みの味でした。

これはコウジシモムラのお料理のコンセプトでもありますが
全体的にバター、クリーム控えめ(というか殆ど使ってないのではないかしら)
とてもヘルシーなお料理です。


Img_7314
Img_7315
Img_7321
Img_7324
Img_7327
Img_7331
Img_7334
Img_7340
Img_7344
Img_7349
Img_7355

店内のインテリアはコウジシモムラ氏自ら
拘ったものらしく、白と黒を基調にしたとてもセンスのよいものでした。
テーブルにおいてある針金のオブジェもなかなかよいです。

特に私たちが案内された席は広い円いテーブルの席で
むかしロォジエに行ったときのことを思い出しました。
こういうテーブルで食事すると、グランメゾンっぽいなあと思いますね。

全体的にはとても美味しかったのですが
正直なところ「ちょっと物足りない」。

給仕の方もそうだったんですが
やたらとバター、クリームを控えていることを強調するんですよ。

でも私たち夫婦は別にそんなの気にしていないんです。

美味しいものを食べられればいい。

そもそも外食自体あまりしないので
たまに美味しいものを食べるときにバタークリームたっぷりでも全然かまわない。

というかそういうことに拘ることで
到達できる美味しさのレベルが下がってしまうのあれば
むしろ使ってほしいとさえ思います。

まあでも、
どうしても美味しいものが食べたくて
でも糖質制限をしていて。。ということであれば
こういうお店もいいのかなと思います。

ちなみに
火曜日のランチにいたお客さんは
お年寄り3人組。あとは全部女性2人連れでした。
うん。まさしくこういうお客さん向けかもしれないですね。

|

« 2013年椿会展で内藤礼さんと赤瀬川原平さんの初心に触れた | トップページ | 外食とは、これすなわち旅なり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エディション コウジシモムラ でランチを楽しんできました:

« 2013年椿会展で内藤礼さんと赤瀬川原平さんの初心に触れた | トップページ | 外食とは、これすなわち旅なり »