« キティーちゃんのアイコン力 | トップページ | エディション コウジシモムラ でランチを楽しんできました »

2013年椿会展で内藤礼さんと赤瀬川原平さんの初心に触れた

昨日、資生堂ギャラリーにて
椿会展 初心
を見てきました。

全体としては、こじんまり(と言ったら失礼か)とした
展覧会だったのですが、なんというかじんわりと
いい感じの作品があって、よかったなあ。

一番気に入ったのは内藤礼さんの「カラービギニング」という作品。
キャンバスにアクリル絵の具を使って描かれた作品なのですが
最初は、真っ白なのかな?と思いつつ
じーっと見ていると白というかアイボリーのグラデーションが見えてくる。
それも、うすーい黄色で、もしかしてライティングで
こう見えているのかしら、という程度。

帰るときに、ギャラリーのスタッフに質問したら
やはり作者の意図で微妙な色分けがされた作品とか。
補色のテクニックも使いつつ、浮かび上がる色が計算されてて
うわー、内藤礼さんらしい作品だなあと思いました。

しかも今回のテーマが「初心」ですからね。

ぴったりだと思いました。

その他、気に入った作品は赤瀬川原平さんの「千円札」の作品。
すごーくぼやけた印刷がされた千円札。
これも「初心」という意味で、ピッタリな作品だと思いました。

千円札事件についてはこちらを

5/8水にギャラリーツアー

5/25土には赤瀬川原平さん、山下裕二先生のギャラリートーク

も開催されるようです。

うわー、行きたいなあ。

赤瀬川さんと山下先生。日本美術応援団タッグのトーク、間違いなく面白いもん。

実は、わたし
赤瀬川さんの大ファンで、ぜひ一度赤瀬川さんの作品オンリーの展覧会に行きたいと思っているのです。

回顧展やってくれないかな。。


|

« キティーちゃんのアイコン力 | トップページ | エディション コウジシモムラ でランチを楽しんできました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年椿会展で内藤礼さんと赤瀬川原平さんの初心に触れた:

« キティーちゃんのアイコン力 | トップページ | エディション コウジシモムラ でランチを楽しんできました »