« フロリレージュでディナーを楽しんできました | トップページ | 山田純嗣展 「絵画をめぐって 死んでいるのか、生きているのか」@不忍画廊 2 »

山田純嗣展 「絵画をめぐって 死んでいるのか、生きているのか」@不忍画廊

もう、ずいぶん時間が経ってしまったけれど
喉にささった小骨のように
この展覧会のことの印象をまとめてないのが
ずっと気になっていて
いまさらながらブログに書いてみようと思います。
山田純嗣展 「絵画をめぐって 死んでいるのか、生きているのか」@不忍画廊


美術好きの友人から絶賛リコメンドをもらって
会期終了前日に
駆け込んだこの展覧会。

想像以上に素晴らしいものでした。

友人からもらったパンフで
作品の写真は拝見していたのですが

画廊に入り、現物を見て
「ああこれは!」
と言葉を失うというか
目から入ってくる情報で
「なるほどこれは面白い」
と瞬間的に納得してしまいました。

写真と現物とは違う。
いや頭でわかっていても
現物を理解するために、これほど
「現物」を見ることが必要な作家も珍しいのではないかと思います。

なぜかというと
作品が緻密なので、小さな写真ではよさがわからない。
いや、緻密というよりも
ディティールから醸し出される、不思議なテクスチャーみたいなものが
この作家の持ち味なのに、それは小さな写真では分からないというところでしょうか。

あと、この作家が展覧会用に用意したテキストが本当に素晴らしくて。
このテキストを画廊で拝見して、より作品の理解というか
感動が深まった気がします。

少し長くなりそうなので
この展覧会のことは
次の記事で詳細に書きたいと思います。

|

« フロリレージュでディナーを楽しんできました | トップページ | 山田純嗣展 「絵画をめぐって 死んでいるのか、生きているのか」@不忍画廊 2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田純嗣展 「絵画をめぐって 死んでいるのか、生きているのか」@不忍画廊:

« フロリレージュでディナーを楽しんできました | トップページ | 山田純嗣展 「絵画をめぐって 死んでいるのか、生きているのか」@不忍画廊 2 »