« 東京大神宮の年越しセットが送られて来ました | トップページ | 当たる占い師に相談するのがよかったのか? »

占いの効能

私もときどき占い師さんに見てももらうことがあります。

占い。
当たるか当たらないかといえば
まあ、ほどほど当たるかな。
一応何年にもわたり伝承されてきた
だけのものはあるなあと思います。

人生で苦しいとき、
悩んだとき。

気に入っているというか
割とフランクに話せる
占星術の人がいて
その人に年に1回ぐらい
見てもらってます。

あとは
占いではないんだけど
恐ろしいことに
ほぼ100%当たる人がいて
その人にも
どーーーーしても困ったときに
相談してます。

なかなか連絡が取れないのが
難点なんですがw

でもこの人には
本当に重要な決断をするときには
相談してないんですよね。

だって、ものすごい的中率だからw
怖いんですよ。

本当に重要な決断は
自分の頭でしたほうがよい気がして。

占いって、
自分の不安な心を解消するためのツールだと思っています。


未来って見えないじゃないですか。

これからどんな未来になるんだろう。
いまの自分でいいのかな。
不安なときもあります。

ちょっとでも道筋みたいなものが見えたらいいな。

いま、しんどい。
どうしてこんなしんどい思いをするんだろう。
いつまでこの状態が続くんだろう。

ちょっとでも道筋みたいなものが見えたらいいな。

そういうニーズを満たすものだと思います。

結局
答えは自分の中にあるんです。
打って響かせて
自分の答えをアウトプットする。

それが占いの言葉だと思うのです。

だから
占いに行って
そこで言われるキーワードみたいなものに
自分が
どういう風に納得するか
どういう腹落ちの仕方をするか
そういうのを観察するのが
とても大事だと思います。

そういう意味では
占い師さんは
占いの技術そのものより
人を見てものを言う
その言い方が上手な人が
よい占い師さんかもしれないですね。

あと
占いの怖いところは
無意識のうちに
言われたような人生を歩んでしまうところ。

友達のお母さんが言ってたんですが

半信半疑の世界なんだと分かっていても
「こうなります」
と確信をもって先々のことを言われると
その通りになってしまいそうで
怖いから占いはやらないことにしているとのこと。

これまたなるほどなあと思いました。

それは
悪いことのみならず
よいことであってもそうで
これは
結構占いの怖い側面でもあると思います。

そういうのは意識しておく
必要があると思います。

余談ですが
今年の石井ゆかりさんの年報で
水瓶座は今年、化けますと書かれていて。
つい先日
新天地を見つけることができました。

これは
占いが当たっていたとかそういうのよりも
「化ける」って
自分で思い込むことで
出た結果だと思うんですよね。

こういう使い方はあるかなあと思いますw


|

« 東京大神宮の年越しセットが送られて来ました | トップページ | 当たる占い師に相談するのがよかったのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 占いの効能:

« 東京大神宮の年越しセットが送られて来ました | トップページ | 当たる占い師に相談するのがよかったのか? »