« 当たる占い師に相談するのがよかったのか? | トップページ | 食欲がないことへの恐怖心は年々増加しているかもしれない »

母の豹変ぶりに動揺

じつはいま
殆ど母子家庭のような生活をしているのですが
働きながら子育てする私の大きな助けになっているのが
母の存在です。

平日の17時~19時過ぎまで2時間ほど
うちに手伝いに来てもらっています。

私が食事の支度をしている間に
娘と遊んだり
娘に食事を与えたり
娘をお風呂に入れた後、体を拭いたり
パジャマを着せてもらったり。

あとは
ちょっとした買い物をしておいてもらったり。

帰宅してから就寝(19時半ぐらい)までの間
手伝ってくれる人がいるのは本当にありがたいです。

あと
娘が病気になったときの看病や
病院の順番とりなど。

本当に母の手助けなしには育児はありえないというぐらいですw

最初
「子どもが欲しい」
と言ったときは、あんまりいい顔をしなかった母からは
想像もできないぐらいの溺愛ぶりで

娘にハグハグチューチューしたり。。

ありえん。

「あたしが、子どもの頃はこんな風に愛情表現してくれなかったじゃん」
と思うぐらい。

母の意外な一面をみたようで
娘としては動揺を隠し切れません。。

これは私の義母も言っていたことなんですが
やっぱり

孫はかわいい

らしい。。

もちろん自分の子どもはかわいいんだけど
母親当人は育児や仕事に必死で「かわいい」を充分満喫する
余裕なんてない。

でも、今は仕事もリタイヤしたし、母親当人としての責任もなく
ただ「かわいい」を満喫できてしまう。

これが
「孫はかわいい」
という現象となって現れるようです。

いまの自分には全然想像できないけど。
自分もいずれそうなる(のかな?)

うちの母は、仕事もバリバリこなすし
結構厳しい人だったので
うちの娘に対する態度を見ると
「この人、こんなに愛情溢れる人だったんだ」
と本当に驚いてしまいます。

自分が子どものときに、そういう愛情を振り向けてくれたらよかったのになーと思う気持ち半分。
でも、これだけ愛情を振り向ける存在を与えられて親孝行できたのでヨシとしようと思う気持ち半分。

そんな感じです。

娘も、私の母のことが大好きで、
母にはできるだけ元気でいて欲しい。
そういう気持ちはいっそう強くなりました。


|

« 当たる占い師に相談するのがよかったのか? | トップページ | 食欲がないことへの恐怖心は年々増加しているかもしれない »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の豹変ぶりに動揺:

« 当たる占い師に相談するのがよかったのか? | トップページ | 食欲がないことへの恐怖心は年々増加しているかもしれない »