« にゃんこ通信 | トップページ | 時短勤務をしてみて分かったこと 2 »

時短勤務をしてみて分かったこと

いわゆる時短勤務(10時~16時までの勤務)を始めて
5ヶ月が経過しました。

早っ!

最初はどうなるかと思いましたが
何とか軌道に乗ってきて
また
周囲の協力もあって
非常に快適に仕事をさせてもらっています
(但し給料はものすごく不満ですけど←くどい?)

いくつか気づいたことをメモしていきます。

時短勤務を始めて驚いたのは
「定時で仕事をしていたときに比べて
売上があがったこと」

具体的な金額でいうと
1.5倍~2倍ぐらいかな。
定時で働いている人より売上出してますよw

いわゆるマネジメント業務から解放されたことが大きいけど
それにしてもがんばってると思います。

(というか今までの自分は何だったんだと思ったりして)

とにかく限られた時間(実働5時間)で結果を出さねばならないので
集中するようになりましたね。

ポモドーロテクニックも駆使しつつ
やらなくていいことはできるだけやらないし
最小の時間で最大の効果を。
とにかく16時きっかりには
職場を出て迎えに行かないという
緊張感のお陰でめちゃ集中して
仕事をするようになりました。

あと
娘が熱出してお休みせねばならないこともあるので
基本的には前倒し仕事をせねばならないというのも
いい意味での「尻に火がついてる感」につながったかなと
思います。

で、ふと思ったのは
実は
勤務時間が短いほうが成果は出せるんじゃないかなーということ。

もちろん
物理的にたくさんの時間をかけないとできない仕事もありますけど。
私の仕事のようにひとつひとつが小さめで
個人プレイでOKで
かつ集中力を要する仕事の場合
あんまり無尽蔵に時間があると
つい余計なことをやってしまったりするんですよね。
フルタイムで働いていたときは
午後の部の仕事が始まっても
まだあと何時間かある
とか
残業すればいいや
とか
思ってましたけど
時短だと、16時まであっという間ですからね。

集中しますよ。

やっぱり
時間あたりの仕事のパフォーマンスの高い就労時間というのは
あるんじゃないかなと思います。

私にとって5時間勤務というのは
(マネジメント業務をやらないのであれば)
適度に集中しつつ、作業できるいいあんばいの
就労時間だと思います。


|

« にゃんこ通信 | トップページ | 時短勤務をしてみて分かったこと 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時短勤務をしてみて分かったこと:

« にゃんこ通信 | トップページ | 時短勤務をしてみて分かったこと 2 »