« 家庭内育児手当 その後 | トップページ | 練馬区立美術館に行ったあとは »

船田玉樹展@練馬区立美術館

昨日
会期終了ギリギリで
船田玉樹展@練馬区立美術館
に行って来ました。

1347500477076.jpg

いやー、
ギリギリで行っておいてよかった。

私は船田玉樹という人を殆ど知らないのですが
凄かった。

というか、自分としては結構ショックを受けてしまいました。

日本画の中でも前衛に属する人だということは
解説などを見て分かったのですが。

それにしても
松や梅、桜、お寺といった日本画なら
ありふれたモチーフが
なんというか、
ええ?こんな風に見える人がいるの?という
ぐらい鮮烈な表現で描かれている。

言葉を選ばずに言えば
「狂気」
を感じました。

西洋画や現代美術でも
狂気すれすれという表現はみたことがありますが
ここまでの表現は見たことがない。

いや
日本画ではありふれたモチーフを扱っている分
それがハッキリと分かるというか。

実は
日本画って何よりもアバンギャルドだし
前衛かもしれない、と思いました。

個人的に
印象に残った作品は
「花の夕」
「松」
「枝垂桜」

「花の夕」は
展覧会のポスターにも使われている作品ですが
本物はやはりすごかった。

ショッキングピンクにもいくつか色の使いわけがされていて
鮮烈、というか怖い。狂気です。
やはり印刷で見るのとはまったく違う。
生の迫力にゾゾゾとくるものがありました。

「なんでこんな色で塗るのを思いつくんだろう?」
そんな色です。
普通じゃない。

「松」もそう。
あの色味。闇夜で、目が暗さになれてきて
ボワっと見えるような色。
絶対にわたしたち凡人には無いセンサーがついていて
そのセンサーで何かを見ているに違いないと思わせるような
色なんですよ。
「枝垂桜」も
なんといってもテーマが桜ですからね。
これも怖い。あと、枝垂桜は展示の仕方もよかったです。
屏風の前に漆かな?黒いてかりのある板がおいてあって
リフレクトさせることで、夜にお池端で夜桜を見るような
演出になっています。

展示の仕方にもこのような工夫がされてると
「区立美術館も侮れないなあ」
なんて思ってしまいます。
↑失礼!

この前の鹿島茂コレクションもよかったみたいだし
次回は
「棚田康司-たちのぼる。」展
ですよ。

ご近所にこんな素敵な美術館があるなんて
なんだか幸せ。

次の記事では練馬区美術館のカフェについて書きます

追記
いま練馬区立美術館のサイトのリンクはろうとして気付いたのですが
展覧会が終わると、展覧会のサイトも消しちゃうのね。。

もったいない。

アーカイブとしてちゃんと残しておいて欲しいと思います。


|

« 家庭内育児手当 その後 | トップページ | 練馬区立美術館に行ったあとは »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船田玉樹展@練馬区立美術館:

« 家庭内育児手当 その後 | トップページ | 練馬区立美術館に行ったあとは »