« 男性が、女性の顔と胸を見るのはけっこう合理的? | トップページ | 「福田平八郎と日本画モダン」 オリジナル和菓子 »

福田平八郎と日本画モダン展@山種美術館

先週の日曜日、美容院とバクチクライブの隙間時間を利用して
福田平八郎と日本画モダン展@山種美術館に行ってきました。

1339558989795.jpg1339558991564.jpg


すごくすごく良かったー。

期待していた以上によい展覧会でホクホク(o^-^o)

近代日本画にこんなにモダンなデザインのものがあったとは。。というか、
モダンデザインという切り口で見ると近代日本画がこんなに面白いとは!

キュレーションの勝利ですね。さすが山下先生が顧問をしている美術館というだけある。

山種美術館のwebサイトに山下先生のトークの動画もアップされているので
ぜひそれもご覧頂きたいです。

実は
福田平八郎という作家を知らなくて
割と最近になって作品集でまとめて作品を見たんですが
とにかくびっくりしました。

特に「漣(さざなみ)」のインパクト。

日本画だけど、グラフィックデザイン的。
それも結構強烈w

こんなに面白い作家がいるなんて知りませんでした。

今回の展示で改めて現物を見たんですが
よかったですよー。
実は、当初プラチナ箔だけで仕上げようとしたところ
間違って金箔が貼られた状態で納品されてきて
仕方なくその上にプラチナ箔を貼ったとのこと。
下地に金がある分、想像以上に柔らかな印象になり
濃紺とのコントラストが際立っているとか。
現物をみてなるほどーと思いました。

その他、山口逢春の「夏の印象」、徳岡神泉「芋図」も良かったですね。

特に山口蓬春の作品の「夏の印象」は
確か以前にもどこかで見たことがあるのですが、
今回の展示の流れで見ると
また印象が違いましたね。
以前よりもずっとずっと好きになりました。

「漣」の展示は前期だけ。6/24まで。

後期は随分展示替えがあるようです。

チラシにも使われている「雨」が登場します。
楽しみです!

実家の母がこの画集を持っていて
見せてくれました。
昔ながらの超大判画集w
なかなかよかったですよ。

で、山口蓬春の画集も探してみたんですが
殆ど絶版!
この時代のモダン日本画家の作品集って
絶滅寸前なのでしょうか。。

|

« 男性が、女性の顔と胸を見るのはけっこう合理的? | トップページ | 「福田平八郎と日本画モダン」 オリジナル和菓子 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田平八郎と日本画モダン展@山種美術館:

« 男性が、女性の顔と胸を見るのはけっこう合理的? | トップページ | 「福田平八郎と日本画モダン」 オリジナル和菓子 »