« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

働きマンの告白 4

そういうコンプレックスが極まってしまったのが、区の両親教室に行ったときのことでした。

まわりにいるご夫婦がみんな幸せそうに見えたんですよね。
旦那さんもしっかり仕事してるみたいだったし、専業主婦の妊婦さんもけっこう来ていたと思います。

ああ、妊婦さん、旦那さんに守られているなあと思いました。

妊娠中の検査のお金も、出産の費用も折半とか、さもなければ旦那さんが全部出してくれてるんだろうなあと
彼らの顔を見ながら考えました。

一方、私は全額自分でお金を出していましたらかね。
(夫は一切出していません)

妊娠中で不安がいっぱいなときに、他のご夫婦の様子を見て、比べちゃったんですね。

よその旦那さんは経済的にも支えてくれるのに、うちはどうして支えてくれないんだろうって。

なんだかシングルマザーみたいだって。
しばらくして、悲しい気持ちが押しよせて来て、号泣してしまったのを覚えています。

わたしはひとりぼっちだって。

夫婦間のことで言えないことが多かったから
友だちにも両親にも相談できなかったのが辛かったです。

**

あれから一年近く経った今でも「夫は、私のことを守ってくれない」という不信感はずーっと続いています。
夫に今の自分の気持ちを伝えて少しすっきりしたけど、問題はまだ解消していません。

いま結婚2年目ですけど、今年1年でどのへんで妥協ポイントを見つけるか、
どれぐらいがんばれるかが今後契約(結婚)を継続するかの見極めポイントかなと思っています。
自分としては5年以内に顕著な改善が見られなければ契約打ち切りも検討していますが。。

あと、夫婦でセラピストのところに行くのもいいなと思っています。

今回の記事はすごく愚痴っぽい内容でしたけど
今の正直な気持ちです。

私は、心穏やかに
家族3人+猫2匹、できるだけ楽しく暮らして行きたい
それだけなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働きマンの告白 3

なんでこんなに腹が立つのかなあと思って、色々考えたんですが
やっぱりルーツは、父なんですよね。

うちの父というのは、稼いだお金をあんまりうちに入れない人だったようです。
基本的に自分のお小遣いとして使ってしまう。
生活費は、主に母の収入でまかなってようです。ちなみに家も母方の祖父の持ち物だったので
家に関しても父は一銭も払ってませんw

私が小さいときは、よくわからなかったんですが、あとで母から色々聞いて
すごく驚きましたね。父はすごく優しいし、私にもいろんなものを買ってくれたけど
結局そういう人だったんだと知って。

こんなに仕事を頑張って、子育てしてる母に対して、結局自分のことにしかお金を
使わない父というのが、どうにも許せない存在でした。

働きマンの母を好きなくせに、自分のためにしかお金を使わない。
仕事でがんばってる女性を助けてあげない。

そういう身勝手な男を私はすごく憎んでいると気づきました。

女性にも身勝手なところはあると思いますが
男のそれと女のそれははやり違う気がするのです。
上手く言えないのですが。。

働きマンである私は、経済的にも自立した存在でありたいと思いつつ
どこかで男性に守られたいと思っている。そういう複雑な心境は
わたしの専業主婦に対する気持ちにもあらわれている気がします。

わたし、専業主婦に対して、すごくコンプレックスがあるんですよ。

専業主婦は経済的にも精神的にも自立してないし、嫌だなあと思っている一方で
そうやって養ってもらえる旦那さんが居て羨ましいなあとも思っている。

そのコンプレックスが顕著に出たのが、妊娠中に行った両親教室でした。

このことについては次の記事で書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働きマンの告白 2

私が給料の件で事務所と揉めたとき
夫も色々話は聞いてくれたけれど
どこか他人ごとのようで冷めた態度だったのが気になりました。

私としてはかなり大変な目にあっているのに、なんで
この人はこんなに冷めた態度なんだろうと。

結局、この人は私のことを守ってくれないんじゃないのと。

少し大げさな言い方をすれば
夫に
「めぐはもうそんな大変な思いをしてまで仕事しないでいい!お金のことなら心配するな!しばらく俺が養う!」
って言って欲しかったんだと思います。

男らしい態度を見せて欲しかった。

この仕事を始めて10年、自分でいうのも何だけど、ものすごく頑張って来ました。

男の人には分からないかもしれないけど、男ばっかりの社会で女が一人で頑張るのって
結構たいへんなんですよ。

そういう私をねぎらったり、守ったりしてくれるような、
男らしさを夫に求めていたんですね。

一年経って、そのときのことを思い出して
夫に、あのとき、
「めぐはもうそんな大変な思いをしてまで仕事しないでいい!お金のことなら心配するな!しばらく俺が養う!」
って言って欲しかった。
私はそういう風に何かあったときに助け合える関係をパートナーに求めていると伝えたんです。

そしたら、夫は、
「仕事辞めるのは構わないけど、俺は養いたくない」と言ってました。

腹が立ちました。

なんて身勝手な男なんだろうと。

自分のことにはあれだけお金使うくせに、私に何かあったときには手助けしないのか?と。

で、私、なんでこんなに腹が立つんだろうと思ってふと思い出したのが
私の父のことでした。

続きは、次の記事で。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

働きマンの告白

育児休暇もあと一ヶ月かあ。
と思うとちょっと憂鬱。

仕事のカンを取り戻せるかということよりも
あの所長のいる事務所に戻るというのが
なんとも憂鬱なんです。

ちょうど一年程前。もうすぐ産休に入る直前だったと思います。
4月の給料明細を見てびっくり。
何の予告・相談もなく、月給を9万円近く下げられて
理由を尋ねたら、私が担当していたクライアントからの
依頼件数が減ったからの一点張り。

こんなに突然の減給
もちろん労働基準法に照らし合わせれば
不法なことは明らかですが、再三の労働基準局からの指導にも
全く動じないブラックな事務所だし
所長も何が悪いんだという態度だし、反論すれば
どんな嫌がらせでもしかねない人物なので
(本当に悔しかったけど)泣き寝入りすることにしたのです。

もう退職した所員にですけど、どれだけひどいことをしたかは知っていましたからね。

私が産休に入ることを見越しての嫌がらせだったことは明らかで
上司や母にも随分相談したのですが、
「お腹の子のことを考えると、いま所長と争うのは得策ではない。
悔しいかもしれないけど、いまは出産のことだけを考えて、
職場復帰してみて、やっぱり働きにくかったらそのときに考えてみては」
というアドバイスを受け、それに応じたのでした。

ちゃんと所長と戦えなかった自分もすごく悔しかったし
何より、そのときの夫の態度がなんとなく好きになれなかったのが
気になりました。

あれから約一年を経て、そろそろ職場復帰という時期になって
改めて
働くということはどういうことか、とか
あのときの夫の態度はどうなんだろうとか、様々な気持ちが去来して
さらに憂鬱な気持ちが増長されてきた気がします。

気持ちの整理も兼ねて、ちょっと長めのブログを書くことにします。
続きは次の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授乳期だってセクシーでかわいいブラをつけたい!

少し前ですが、小桃堂の亜莉さんの「復職前のおっぱい講座」を受けたとき
授乳期こそ、ピッタリサイズのブラを身につけるのが美乳を保つ秘訣と聞き
日本イチの下着フィッターリュードリューの龍さんを訪れました。以前行ったのは
一年以上前でしたか。。

ご無沙汰しております、って感じでした。

先輩ママがリュードリューで素敵な授乳ブラを買ったと聞いて
私も久々に龍さんの予約を取ったのでした。

妊娠前はずーっとお世話になっていましたが、まさか授乳用のブラまで
扱っているとは知らなかった!

以前モーハウスのブラも使っていたんですが、デザインはシンプル過ぎるし
お洗濯しているうちにアンダーの部分が伸びてきちゃって
使い物にならなくなってしまいましたし、
エンジェリーベのハーフトップも、ペラっとした感じでイマイチ。。

いいものはないかなとずっと探していたのでした。

龍さんのフィッティングはさすがで
今の私にピッタリの授乳ブラを選んで下さいました。

色はピンクでレース付きの超かわいいブラ!

HOTmilkというブランドのものでした。お直しもなし。

しばらく使ってみて、かなりよい感じでしたので、同じサイズのものを追加で購入することに。

お値段はオンラインショップの方がお安いので(龍さんゴメンナサイ!)オンラインショップで購入しました。

ちなみに私が買ったのは、こんな感じのものです☆

円高も手伝って、かなりお得なお買い物ができましたよ。もちろんサイズピッタリ。
デザインもセクシーでかわいい。納期は一週間ぐらいでしたか。意外と早かったです。

※余談ですが、HOTmilkのショーツの履き心地はいまいちだったので、リュードリューのタンガ(Tバック)を愛用してます。

亜莉さんの本。また読み直したいな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインってつい見返りを期待してしまうのよね。反省

バレンタインデーと言えば
最近ちょっと反省したことがありまして。

夫と付き合う前のこと
私としては結構本命チョコ的な感じで夫にチョコを上げたんです。

渋谷のデカダンスドゥショコラというお店のもので
値段的にもそれなりのもの。6個入りだったかな。

ホワイトデーに夫からお返しを貰いました。
シチュエーションも覚えてますよ。
岡田斗司夫さんの「ひとり夜話」@ロフトプラスワンの帰りでした。

貰ったのは、ラデュレのマカロン6個入り。

どんなものかというと
この記事の一番下のものです。

もーすごく美味しくて、また食べたいなと思って三越のラデュレに買いに行ったんです。

で、夫が買ってくれたのと同じ6個入りのマカロンを発見したんです。
で、思わず値段が目に入ってしまった。

…私が上げたチョコよりも値段が安い。。

もう、値段なんか見てはいけないのに!
見てしまったんですね。
失礼極まりない。

でも、私が上げたチョコってもしかして安いチョコだと思われてしまったのかな
なんて思ってしまったんです。

で、なんとなく悶々としてて。

割りと最近になって、実はね、という話を夫にしたんです。

そしたら、実は私の上げたチョコよりも値段が高かったんですw

要は

私の上げたチョコ2800円>ラデュレ6個入りセット2210円

なんですが、
彼は6個入りセットの内容がいまいち私のイメージではなくて
アラカルトで選びたかった。
でも箱は6個入りのセットの黒い箱が使いたくて、アラカルト+箱代という
イレギュラーなことをしてくれたみたいなんです。
結果3000円強だったかな。

結構お高いプレゼントをしてくれたわけです。

そんなの全然知らなくて、ゴメンナサイって感じです。反省

ちなみに入れたかったのは、黒いマカロンでレグリス(甘草)だったそうです。
私のイメージが黒だったから。
味も美味しかったですよ。
でも期間限定で入荷したものらしく、今は日本で入手不可能のようです。
また食べたいなあ。

女性は、バレンタインの贈り物をするとき、心のどこかで
ホワイトデーに、この人はどんなお返しをしてくれるのだろう?
って思ってしまうんですよね。

見返りを期待してしまう。
男の人の心を推し量ってしまうようなところがある。

良くないなあと思います。

頭でそう考えていても、私もやっぱり見返りを求めていたんだなぁと
思いましたね。

でも改めて思うのは
贈り物というのは、エゴのあらわれなんだなあということ。
昔「おつきあいの極意」という本で、まついなつきさんが
「贈り物の主役は贈る側」と言ってしまいたが
蓋し名言だと思います。

贈り物とは贈る側の
「贈り物したい欲」みたいなものを満たすためのもの。

女性たちが高級チョコに走るもの、なんとなくそういうエゴのあらわれかなとも思います。

あるレベル以上の高級チョコを上げても
男性側はよく分からないだろうし(正直、私も味の差がよく分かりませんw)
お返しをする側も結構な負担になるのではないかと思ってしまいます。

相手の負担にならないような贈り物選びを心がけたい。

自戒の意味も込めて、そう思います。

この本、すごく良い本だと思うんだけど、絶版なのね。
残念

ちなみに
夫から贈り物を貰ったのは、このホワイトデーのときのマカロンが最後ですw
誕生日もホワイトデーもクリスマスもなーんもありません。
私は毎年全部上げてますけどね。

とかこういうことを書くから良くないんですねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデイは二種のスイーツを用意しました 2

バレンタイン当日、急にランチの予定が入ってしまいました。チョコを差し上げた方がいいと思いつつ、チョコを買いに行く暇も無いし。。
とりあえず、うちにある材料で何とかすることにしました。
ぱっと頭に浮かんだのはブラウニー。
うちにはオーブンが無いのですが、無水鍋ならある。

続きを読む "バレンタインデイは二種のスイーツを用意しました 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデイは二種のスイーツを用意しました

バレンタインのチョコ
今年はこんなのを用意してみました。

1329383537163.jpg
アニヴェルセルのチョコクッキー
フルール。2400円なり。私としては結構奮発
チョココーティングされたクッキーにはフルーツが入っていて美味しいんです。

続きを読む "バレンタインデイは二種のスイーツを用意しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分の豆まき

今年の節分も落花生で豆まき。
大豆をまくよりもお掃除が楽なので
昨年から採用しました。

関東では大豆の豆まきがメジャーなので
最初、落花生で豆まきって聞いたときは
ビックリしましたが、北国では落花生の方が
メジャーらしいですね。

続きを読む "節分の豆まき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンミシェルオトニエル マイウェイ@原美術館

1328742661961.jpg

1328742663426.jpg

久しぶりに原美術館に行って来ました。
今回の展示は、ジャンミッシェルオトニエル。
私は全く知らなかったのですが、パリのポンピドゥー センターにおいて3カ月の会期で20万人という記録的人数を動員した人気作家らしいです。

まったくノーマークだったんですが、行ってみたらとてもよかった!
ガラスを使った作品が独特の色味を放ってキラキラキラキラ。
特に青、赤の使い方が素敵。
原美術館の空間の雰囲気にマッチして不思議な雰囲気を醸しだしていました。

写真撮影オーケーだったので写真をたくさん撮ってしまいました↓

娘(7ヶ月)をベビーカーに乗せて連れていったのですが
展示室内へのベビーカーの持ち込みは禁止されているので
ベビーカーを入り口に置いて
娘を抱っこしながら、iPhoneでシャッターを切りましたw
重くて結構たいへんw

1328742665248.jpg
1328742667096.jpg


1328742667725.jpg

1328742669442.jpg

1328742670112.jpg

1328742671908.jpg

1328742672521.jpg


1328742674164.jpg

続きを読む "ジャンミシェルオトニエル マイウェイ@原美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コズミックトラベラーズ展@ルイヴィトンエスパス

1328742270541.jpg

1328742272966.jpg

ルイヴィトンエスパス初訪問。

お目当ては、以前MOT「装飾展」で感銘を受けた
塩保朋子さんの作品です。

今回も超巨大なカッティングの作品は
やはり圧巻でした。

色々な見方があると思いますが
私は「昇龍」のように見えました。

かっこよかった~。

正直なところ塩保さんの作品のベストモードは、
窓の無い展示室で下側からライトを当てる形だと思うのですが
窓からいっぱいの自然光が差し込む状態で
見るとこんな感じなんだぁと、感動を新たにしました。

やっぱりいいです。
正直なところ他の作家の作品はいまいちだったのですが
塩保さんの作品だけでも見る価値はあると思います。

…にしても、
ルヴィトンエスパスって、銀座メゾンエルメスを意識してますよね。
メゾンエルメスもビルの最上階で採光してるし。

でも、メゾンエルメスはガラスブロックをつかった柔らかな採光と
なっているのに対し、こちらは普通のガラスですからね。
ギャラリーの作りも無骨な感じですし。比べても仕方ないですが
やはりメゾンエルメスの方がハードもソフトもしっかりしてるなと思いました。
スタッフの雰囲気も全然違いますしね。

ちなみに、2/11~のメゾンエルメスの展示ですが
なんと!山口晃さんです。この展覧会のために新作も制作されているとか。
あの空間でどんな展示をするのか。とても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデー ゴルフ好きな方へのプレゼント

ゴルフ⛳大好きな父へのバレンタインの贈り物
今年はこんなのにしてみました。

とらやのゴルフボール型最中ホールインワン


1328669777741.jpg

1328669779414.jpg

続きを読む "バレンタインデー ゴルフ好きな方へのプレゼント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サダハルアオキのタルトタタンを頂きました

今日は素敵美女とミッドタウンでデート。

お誕生日のプレゼントということで
タルトタタンを頂きました。

1328549761286.jpg

サダハルアオキ。。ちょっと高いけど美味しい
お菓子屋さんです。
サダハルアオキ

続きを読む "サダハルアオキのタルトタタンを頂きました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

感動のディナー フロリレージュ 3

そして最後はほおずきのグラッセ。フルーツプチトマトみたいで美味しい〜。バリックでも出てきましたけど、この食べ方も凄く好きですね。

1328409046399.jpg

このお菓子にはハーブティがよく合います。
ほおずきが乗ってた器も素敵だったな〜。
1328365220395.jpg

いやぁ、とにかく

続きを読む "感動のディナー フロリレージュ 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動のディナー フロリレージュ 2

デザートの一皿目は山羊チーズのムースと、ジェラートと、キウイ。添えられた灰色のビスキュイは山羊チーズにつけられている灰をイメージしたもの。
お肉のあとのグラニテと、その後のフロマージュをいっぺんにまとめたようなw お肉料理のあとにピッタリのデザートでした。
1328363966928.jpg

続きを読む "感動のディナー フロリレージュ 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動のディナー フロリレージュ

昨日、偶然にもフロリレージュのディナーの予約がとれたので、夫と二人行って来ました。

フロリレージュ初体験だったのですが、驚きと茶目っ気のあるお料理に感動!川手さんのお料理、本当に素晴らしい。溢れる才能に触れられて私も幸せでした。

コースはこんな感じ。
先ずは泡で乾杯
1328363018293.jpg

アミューズは玉ねぎのサンド。
玉ねぎで作った玉ねぎ型のビスケット?に生玉ねぎとキャビアが挟んであって美味しい!見た目もかわいい
1328363020728.jpg

四角いグリーンオリーブ。オリーブで作ったフレンチトーストのようなものです。フワフワで美味しい〜
1328363021378.jpg

前菜は車海老。見た目は海老フライとナポリタンw
頭の部分は雲丹を詰めてフライにしてあります。海老のミソとウニがあう!パスタのようなものは海老のすり身。フレッシュトマトとトマトソースが絶妙。
1328363023220.jpg

フォアグラ。見た目はベーコンエッグw 目玉焼きのように見えるのはジャガイモを裏ごししたもの。目玉部分はミモレットを混ぜてあるそうです。クリーミーで美味。
給仕の方から、胡椒はお好きですか?大好きです!と答えて、胡椒の瓶から振りかけられたのはなんとトリフの粉末。トリフの香りがふわーっと広がります。フォアグラの焼き加減も絶妙で美味しかった〜

1328363024147.jpg
お魚はブリ。小さな大根が添えられていて、ブリ大根w
ブリの加熱の仕方も絶妙。血合いの部分もあって生臭くなりがちなのを絶妙な火加減で仕上げてます。まったく生臭くなかったです。

1328363024830.jpg

続きを読む "感動のディナー フロリレージュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラスカのウェディング展示会2

そしてクッキーボーイのブースは
こんな感じ
1328104510505.jpg
今回買って来たのはこの4つ
1328104513270.jpg
特に気に入っているのはルージュのクッキー。
こういうのが作れるところがクッキーボーイの
特徴だと思います。たぶん、クッキーボーイって

続きを読む "クラスカのウェディング展示会2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラスカのウェディング展示会

この間の誕生日に行って来た
クラスカのウェディング展示会
クッキーボーイ目当てで言ったんですが
なかなか面白かったです。

ウェディングパーティ用のテーブルセッティングや
デコレーションケーキ、独特のキャンディポップなセンスで、さすがクラスカって感じでした。

続きを読む "クラスカのウェディング展示会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »