« アラフォー駆け込み出産? | トップページ | 洋服サイズ70にしてみた »

とらや季節の和菓子 12月前半

とらやの和菓子です。

12月前半のお菓子
2つ買いました

一つは
いかにも和菓子!という感じの
正統派のお菓子
もう一つは
ちょっとアブストラクトなデサインのものです。

千代のかざし

1323957181617.jpg

とらやの解説より
「雪中花」という別名もあるように、水仙は寒さ極まった頃に花開き、正月の飾り花にもされます。 『千代のかざし』とは、千代(長生)の願いをこめた挿頭(かざし)(髪飾)を意味します。

深山の雪

1323957182569.jpg

奥深い山では、冬の訪れも、雪が降り始めるのも、里より一足早いものです。 白と黒のそぼろで物寂しい深山の風情を表わしたお菓子です。

個人的には深山の雪のデザインセンスにぐっときました。
縦半分に白黒のそぼろを配して
物寂しい深山の風情を表わす、って…
めちゃモダンなセンス。
でも大正7年と聞いて妙に納得しました。
大正モダンの時代なんですね。

両方ともとても美味しかったです。

次回は12月後半はこんな感じです。
素敵すぎる。
干支にちなんだ「辰の息吹」、来年の歌会はじめのテーマ「岸」にちなんだ「岸の眺め」。老舗なのにこの前衛的なセンスは何なんだ!マストバイ 

|

« アラフォー駆け込み出産? | トップページ | 洋服サイズ70にしてみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とらや季節の和菓子 12月前半:

« アラフォー駆け込み出産? | トップページ | 洋服サイズ70にしてみた »