« 猫が知っていること | トップページ | 夫は出産に立ち会うべきか »

無痛分娩のこと


私の出産について書いておこうと思います。

今回、私は無痛分娩で出産しました。
病院は東京衛生病院。
何十年も前から無痛分娩に取り組んでいる
病院です。

先輩ママから
色々な出産スタイルをきいていたけど
とりあえず、実家から一番近く
またうちの母自身もオススメということで
こちらの病院を選択しました。

無痛分娩も、私が生まれる前からやっていたそうです。

結論から言うと

すごく良かったです!!

私の場合、最終検診の日に病院へ行ったら
子宮口が開いてるから即入院して下さい
と言われて。

よくよく話をきくと、陣痛は来てるのに
微弱で分からなかったらしいです。

それで
即入院して、剃毛して
分娩予備室に入って
腰から麻酔のカテーテル作って
麻酔を入れてもらって、
↑両親教室で見た通り、五分ぐらいの超早業でした。

陣痛促進剤を打ちながら
分娩を迎えました。

分娩までの間は麻酔が薄れては入れてもらうを
繰り返しました。

ある程度、陣痛の痛みを感じないと分娩できない
らしいです。

で、麻酔の合間合間で陣痛を感じたんですが

半端なく痛い。

これが陣痛か。

生理痛の大きいもの、とでも言えばいいのでしょうか。

とにかく辛い(>_<)

これ、自然分娩でずーっと続くのは
耐えきれない!

と思いました。


暫くして陣痛の間隔が狭まり、
子宮口もちゃんと開いたので
分娩室へ移動。

夫も分娩室へ。

その後は
夫に後ろで支えられながら
妊婦体操の腹筋運動を繰り返しているうちに
出産という感じでした。

三十分ぐらいだったと思います。

あっという間でした。

実は

陣痛促進剤がなかなか効かなくて
夜中に一旦休止。

翌朝朝六時半ぐらいから仕切り直しをして
陣痛剤投与。

麻酔の合間合間の陣痛が本当に辛くて
痛いよー辛いよーと唸りまくり。

なかなか生まれない我が子に
大丈夫だよ
こっちの世界でまってるよ
歓迎してるよ
と語りかけたりしつつも
緊張が高まり
40度の発熱と、二度も嘔吐しちゃったりして
意外と長丁場で大変でした。

が、

麻酔無しだったら
たぶんそうとう大変なことになっていただろうし
無痛のお陰で産後の回復はホント早かったと
思います。

だいたい出産から6日後に退院するんですが
そのころにはちょっと痛いけど普通に歩けたし
いわゆる床上げって出産から三週間後なんですが
私の場合、二週間後って感じでした。

出産に対する考え方は色々ありますが
私は無痛分娩オススメします(^ ^)

夫も
アラフォー出産は無痛だな!!
と言ってます。
…自分が産んだんじゃないのにね。


|

« 猫が知っていること | トップページ | 夫は出産に立ち会うべきか »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無痛分娩のこと:

« 猫が知っていること | トップページ | 夫は出産に立ち会うべきか »