« エルブランシュで桃のスープ | トップページ | 内祝い »

出産後、初めての夫婦外出

エルブランシュのランチは
出産後ほぼ初めての夫婦外出でした。

母はいいよと言ってくれたものの
まだ二ヶ月の娘をあずけての外出は
若干の罪悪感を伴いました。

こんなことしていいのかなあと。

でも
私が子育てをするときのポリシーとして
子どもは子ども
親は親。
それぞれ幸せを追求してこそ
両者が幸せになれるということを
考えて、
えいやっと外出することにしました。

外出するときは
事前に搾乳しておいた母乳パック120mlと
ミルク160mlを哺乳瓶にスタンバイ。

出掛ける30分ぐらい前に
自宅に母に来てもらって
おむつや着替えの置き場所
エアコンの操作方法の説明をして
哺乳瓶を渡しました。

本当はお昼も用意しておくつもりだったんだけど
母が
自分で用意していくというので
持ってきてもらいました。笑

で、11時過ぎに出発。

娘がいない状態で
夫婦2人きりでというのは本当に久しぶりで
エルブランシュまで行く車中も
なんだかはしゃいでしまいました。

食事の間も
シェフの小川さんと娘の話をしたし
夫と美味しい料理に舌鼓をうちながらも
結局、娘のことを片時も忘れないわけで
ランチの終了時間が近づくと
早く帰らないと、お母さんに悪い!
とソワソワしてました。

でも
そうやって作った時間で
楽しむランチはとてもとても貴重だし
充実している。
尊い、と言ってもいいかもしれない。

大切な人から借りた
大切な時間。

子どもが生まれる前は
自由に美術館に行ったり
美味しいものを食べに行ったり
していたけれど
今は結構難しい。

でもそのこと自体はまったく
不幸ではなくて
むしろ幸せかも。

限られた時間で
どのレストランに行くか
どの美術館に行くか
厳選する。

その中で
過ごす時間はやはり
素晴らしいのでは
ないかと思うのです。

これからも
限られた時間のなかで
美味しいものを食べ
美しいものを見に行きたいです(^ ^)

|

« エルブランシュで桃のスープ | トップページ | 内祝い »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出産後、初めての夫婦外出:

« エルブランシュで桃のスープ | トップページ | 内祝い »