« 地震の日 | トップページ | 地震の日 3 »

地震の日 2

その日の夜のコンビニは凄い混雑で
ローソンは既に閉店していて
セブンで買出しをしました。
カップラーメンを2個とソイジョイ1本。

夜も暮れているのに
何とか歩いて帰宅しようとする人たちで
道は溢れていました。

なかなかシュールな光景でしたね。

幸いなことにジムショのインターネットの接続は
確保されていて、ツイッターの画面から
交通情報等、いろんな情報がキャッチできました。

どうやら○○線が動き出したらしい
という情報を得ると、
「お先に失礼します」
と帰宅する人もチラホラ。

私も、翌日に引越しを控えていたんですが
まだキッチン回りの荷物が梱包できていなかったので
早く帰宅したかったんです。
でも、帰宅途中で何かあると本当に帰れなくなる。
特にこの寒さはちょっと怖い。

というわけで、帰宅したい気持ちを抑えつつ
ジムショで夜明かしすることにしました。

・・・にしても、ツイッターで
皆とつながっていられたことが
なんと心強かったか。

携帯(電話もメールも)も、固定電話もつながらない状態でしたが
ツイッターのメッセージはちゃんと届いていて
インターネットでやっぱり強いわと
改めて実感しました。

夜も12:00を回ったので、そろそろ寝たかったんだけど
何せおなかが大きいものだから、机で突っ伏して
寝ることができません。

できれば応接室で横になりたかったけれど
同じく帰宅難民となった所長が
デーンとテレビの前に陣取っていて
入れやしない!
(こういうときの気遣いがまったくないのがウチの所長です)

ツレからは
「体温下げるのが一番良くないから
床には絶対寝ちゃダメ」
と言われていたので
椅子を四個並べて横になることに。
ジムショの男子が椅子を運ぶのを手伝ってくれて
総務のコのひざ掛け毛布を借りて横になりました。
顔には薄手のショールを掛けてアイマスク代わりに。
机よりもずっとラク。

途中ちょこちょこと目が覚めたけど
一応眠れることができました。

朝5時に起床してみると、昨晩つらかったからだのむくみも
随分ラクになっていました。おなかの張りもそれほどでもない。
そして案外疲れはとれてる。
やっぱり横になってよかった。

「よし、動けるぞ」

ツレにメッセージを送り、
朝の電車の運行状況を確認し
5時半にジムショを出て赤坂見附へ。

新宿経由で家へ向かいました。

・・・続く


|

« 地震の日 | トップページ | 地震の日 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。
あの日は僕も帰宅難民化しました。
飯田橋から歩いて帰りましたよ~。
そうそう御所の前を8時過ぎくらいに通りました。
泊まられたということは,あの時間にいらっしゃったんですね。
あんなに人が歩道を埋め尽くす光景は初めてみました。
お体,大切にしてくださいね!

投稿: NOCCHO | 2011/04/03 14:18

NOCCHO先生
先生も歩いて帰ったのですか!
私はもう寒くてリタイヤしましたよ。
帰宅難民、溢れる人、ホントにシュールな光景でした。あの日から私はスニーカーはいて通勤してます。あと、職場にも「何かあったときのためのグッズ」を少々。色々学ぶことが多かったです・・

投稿: | 2011/04/04 15:13

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震の日 2:

« 地震の日 | トップページ | 地震の日 3 »