« 昨年末から今まで。自分に起こったいろいろなこと | トップページ | 3冊の本が語りかけてくること »

わが娘 こめちゃんのこと

自分の人生プランを考えたとき
なんとなくですが
「40代はこどもと一緒に生きていきたい」
と思ってました。

私にとって30代は結構充実してて
仕事も面白いし
美術も好きだし
本も好きだし
そこそこお金もあるし
自由で楽しい

で、ふと40代のことを考えたときに
「確かにこのままでも面白いと思うけど
その面白さの上昇はゆるやかなものでしか
ないな」
と思うようになりました。

確かに面白い。
でもその面白さはたぶん予想のつく面白さでしかなく
それをずっとやってる人生ってちょっと
つまらないんじゃないか
面白ながらも、煮詰まってしまうんじゃないか
と思うようになりました。

それで
新しい何かを考えたとき
(いなければいなくてそれでいいけど)
やっぱりこどもいると楽しいんじゃないかなあ
と思うようになったのです。

だからツレと付き合ってるときも
結婚やこどもの話をして
「こども欲しいなら、年齢のこともあるし
早めに取り組んだほうがいい」
ってことになりました。

「年齢が年齢なので
付き合うのと、子作りと
並行してやりました」
って感じでしょうか。

幸い、すぐに妊娠することができまして
今に至るわけなんですが

あまりにアッサリと妊娠したので
妊娠初期は
(こんなこと書いたら失礼かもしれませんが)
何か当然のような・・・
ありがたみがうすいような・・・
そんな感じでした。

でも、検査を重ね
こめちゃん(「こめ」とは、こめぐたんの略です。
ツレともども、赤ちゃんのことは「こめちゃん」と呼んでいますw)が
無事にお腹の中で育っているのを
確認できるたび、
存在そのものがありがたい、いとおしいなあと
思うようになりました。

妊娠5週で超音波検査をしたとき
こめちゃんの影が全然見えなくて
子宮外妊娠の可能性があったときとか・・・
本当に不安で不安で仕方なかったし

血清マーカテストでダウン症の可能性を
示唆されたときは、ドキドキで
本当にこの年齢で妊娠することの
リスクを実感しました。

そんな感じで、羊水検査をパスしたときには
本当にほっとして、
ツレと
「こめちゃんに感謝しないとね」
と言って
戌の日のお参りもしてきました。

いまは
お腹もずいぶん大きくなってきて
胎動も感じます。

仕事をしてて、ストレスを感じると
よく動くんですよね。
こめちゃんもストレスを感じてるんだと思います。

そのたび
「こめちゃんごめんね」
って心の中で言ってます。

じつは、わたし自身も
母のお腹の中にいたときのことを
ぼんやりと覚えているので
(生まれてくるのがかなり不安だった)

妊娠中は、できるだけ、こめちゃんに悪影響をあたえないように
明るく楽しく健やかな日々を過ごしたいと思います。

こめちゃんに会える日が
とても楽しみ・・・

というか既に親ばかな予感w


|

« 昨年末から今まで。自分に起こったいろいろなこと | トップページ | 3冊の本が語りかけてくること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前回の記事もとても素敵だなーと思いましたが、
この記事もとても好きです。

出産ってドラマなんだなぁと、かなりはらはらしながら
読みました。元気な恵さんに会えること、それはとても
「ありがたい」ことなんだなぁとも思ったり。
自分も年齢近いので、重ね合わせて読んだり。

あー うまくいえないけど いろんなことが奇跡なんだ。
そんな気がしました。

こめちゃんが生まれてきたら、是非会わせてくださいね♪

投稿: YOKO | 2011/02/26 09:51

YOKOさん
コメントありがとうございます。
結婚、妊娠を通じて、周囲の人の温かさありがたさを改めて実感しました(もちろん、YOKOさんもその一人!)
ほんと、20代、30代の最初の方は全然気がつかなかったけど、幸せって自分の周りに遍在するんですよね。今さらながら、自分にできることは何かなあって考えて、とりあえず「ありがたい。嬉しい」と思ったら、できるだけそのことを相手に伝える、これしかないなと思いました。
両親とかツレとか。ちょっと照れるんだけど
できるだけ気持ちを伝えるようにしていきたいです。

投稿: | 2011/03/01 12:44

女の子なんですね~♪
お腹の中にいたことを覚えてるなんてすごい!
普通覚えていたとしても5歳ごろまでなんですよね、胎内記憶って。
こんどぜひ聞かせてください!個人的に興味シンシンなので。
こめちゃんにもお話しできるようになったら聞いてみたいですね。

投稿: tamagawa | 2011/03/11 18:22

tamagawaさん
そうなんです。どうやら女のコみたいなんです。
わたし自身がおなかの中にいたときのことは
わたしが勝手に作ったイメージかもしれないですwでも、こめちゃんが産まれてしゃべれるようになったら、ちょっときいてみたいですね。うふふ

投稿: | 2011/03/24 12:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わが娘 こめちゃんのこと:

« 昨年末から今まで。自分に起こったいろいろなこと | トップページ | 3冊の本が語りかけてくること »