« 箱根富士屋ホテルに行ってきた | トップページ | 浅野屋@ミッドタウンで朝御飯 »

アート作品を買うということ

Img_1209


先日ドマーニ展@新国立美術館
で見た町田久美さんの作品があまりによくて、
思わず西村画廊の展覧会にまで足を運んでしまいました。

いやー、やっぱりいい。

にゅるっとしてて、ちょっとサディスティックで、痛い。
そんな感覚を皮膚の内側から喚起させる絵を
洗練された線で描いている。

あの洗練された黒々とした線は
細い日本画用の筆で何回も何回も重ねて描いているそうです。
ホント、一日十数センチしか書けないらしい。
そんな執念みたいなものが、あの絵の怖さにあらわれているのかも、
と思うと余計に怖いです。

ちなみに、(ちょっとだけほしいなと思って)
画廊で某作品のお値段を確認したのですが
600万円でした。

びっくり!

しかも、今回展示されてたほとんどの作品が売れてました。

でも、これだけ出しても買いたいというコアなファンがいるのも納得です。
なにかこう、心の奥にあるものを作家と共有したくなるんだと思います。

で、ふと、先日、伊庭靖子さんの展覧会で
「この作品を買いたいな」
と思ったときの気持ちを思い出したんです。
確かに、伊庭さんの作品も素晴らしい。
ホント、美しいし、心和む。

でも、これは
自宅のリヴィングに飾って、ほっこりとした気持ちになったり
お客さんに
「これ、いいでしょ?」
って言ってみたりするためのものでしかないと思いました。

町田さんの作品の所有者になるということは、
そんなぬるいもんではない。
彼女の共犯者になることを意味するんだと思います。
プライドを持って、
彼女の気概を買うというか、
あの痛みをシェアするというか。
それもあからさまな形ではなく、
テーブルの下でそっと手を握るような。
で、
「他のやつらなんかにわかるもんか」
って気持ちにさせてくれる作品だと思います。

翻って考えてみると、
以前私が買った西山美なコさんの作品
(普通に見ても美しい作品だと思うけど)
その裏に隠れている、毒のようなものが垣間見える。
だから買ったんだと思います。

アート(特に現代美術)の作品を買うということは
そういうプライドをくすぐる行為なのかなあと思ったりして。。

そんなわけで
いまさらながら、「ハーブ&ドロシー」観るべきか、なんて思ってますw

もっとお金があったらいろいろな作品を買いたいです。

町田さんは、筒井康隆の小説の表紙も描いている。
この絵もなかなかよい。

あと、サドの「放蕩学校」の挿絵も描いている。

余談ですが
高橋龍太郎氏は、サドの「放蕩学校」の挿絵シリーズを、全部買ったそうです。
(ネオテニージャパンカタログより)
さすが。

ちなみに、このシリーズ、挿絵が豪華作家陣。
これは会田誠だし

これは山口晃だ


|

« 箱根富士屋ホテルに行ってきた | トップページ | 浅野屋@ミッドタウンで朝御飯 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アート作品を買うということ:

« 箱根富士屋ホテルに行ってきた | トップページ | 浅野屋@ミッドタウンで朝御飯 »