« 京味の西さんレシピにトライしてみました | トップページ | アート作品を買うということ »

箱根富士屋ホテルに行ってきた

オーミラドーでの食事のあと、桃源台からバスに乗って富士屋ホテルへ。
Img_12441
お部屋はリクエストどおり、「西洋館」でした。
Img_12451

やったー。
高い高い天井、クラシックな雰囲気、猫足バスタブ。
実は、箱根富士屋ホテルには10回以上宿泊しているのですが、この西洋館が一番好きです。
(二番目は、本館)
ブーツを脱いでベッドにゴロンとなり、お昼寝。

素敵なお部屋で、テレビもつけず、ただただ静かな時間を過ごすのはなんとも贅沢です。

やがて夜になりましたが、おなかが空かず(ツレはおなかが空いたと騒いでいました。近所にローソンがあるよと教えてあげましたが、寒いからヤダと言ってた)、夕食なしでホテルのお風呂場へ。

お風呂は若い女子がたくさん!
たぶん平日プランを使ってやってくるんでしょうね。
富士屋ホテル、集客に成功してるなあと思いました。

お風呂から戻って就寝。

翌朝はいい感じでおなかが空いた状態で起床。

メインダイニングで朝食を頂きました。

夜のメインダイニングもいいんですが、朝の清清しいメインダイニングもいいのですよ。
Img_12431
和洋折衷の不思議な雰囲気もお気に入りです。
天井やら窓枠のあたりは和風なのに、窓の下のあたりはアフリカ風だったりするんですが、
でもそれが不思議とマッチしてる。
こういう文化財の中で食事が楽しめる、というのもなかなか贅沢なのではないでしょうか。

今回わたしたちが頼んだ朝食は
The Fujiya Tradition Breakfastというもの。
通常の朝食から+800円のアップグレードで楽しめます。

メニュウは、こんな感じです。
フレッシュオレンジジュース
又は
フレッシュグレープフルーツジュース
Img_12391

ポーチドエッグのほうれん草グラタン
又は
ポーチドエッグにカレーソース

ハム・ベーコン 又は ソーセージ
Img_12411

フレンチトースト富士屋風
又は
パンケーキ富士屋風
Img_12421

コーヒー 又は 紅茶

ポーチドエッグカレーソースは、ごはんも敷いてあって、ちょっとしたカレーライスですw
超マイルドなカレーをかけながら、ごはんの上でポーチドエッグを崩しながら頂きます。なかなか美味しい。

パンケーキは、厚めのクレープといった感じでしょうか、かなりわたし好みの味で
思わずおかわりしちゃいたくなりました。

ただただゆったりと朝食を楽しみ、その後はチェックアウト時間ギリギリまでお部屋でごろごろ。

11時にチェックアウトして、富士屋ホテル内を散策。写真撮影など。
11時過ぎには、1階ラウンジはティータイムを楽しむお客さんでごったがえしていましたね。びっくり。

11時半になったら、近所の庶民派おすし屋さん「みやふじ」にて、名物あじ丼を堪能。1575円なり。
Photo

以前食べたのは10年ぐらい前だったかな。。やっぱり美味しかったです。
ガイドブックに載ってるせいか、ガイドブック片手のカップルが多かったですね。
わたしたちが入店した後、すぐ満席でした。

その後、宮ノ下からバスで湯本へ。それからロマンスカーで帰京しました。
(観光ナシ)

今回の富士屋ホテル宿泊は、平日限定プランを利用しました。
一泊朝食付きで10000円。かなりお得です。
このプランはじつはかなり昔からあって、よく母と利用してました。
基本的に部屋は選べないのですが、もし空いていればリクエストが通ることがあります(というか、わたしの場合、殆ど通してもらってます。ありがたい・・)
オススメは西洋館か本館。あと花御殿も楽しいと思います。

ディナーは、ちょっと贅沢してメインダイニングで頂いてもいいし、「みやふじ」とか近所のお食事どころで頂いていいと思います。
「みやふじ」あたりで食べたら、うんとお得ですね。

あと、初めて行かれるのであれば、夕方に2回、館内案内ツアーが開催されますのでそれに参加するのもいいと思います。意外と広いんですよ。富士屋ホテルの敷地って。

というわけで、ツレと二人。リーズナブルな値段でちょいゴージャスな誕生日旅行をしてきました。
箱根なら交通費も往復4000円程度だし、宿で贅沢してもそれほどお金がかからないのが◎ですね。

ぜひまた行きたいなー。
(とりあえず、オーミラドーだな)

|

« 京味の西さんレシピにトライしてみました | トップページ | アート作品を買うということ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根富士屋ホテルに行ってきた:

« 京味の西さんレシピにトライしてみました | トップページ | アート作品を買うということ »