« 私が電子レンジを使わない理由 | トップページ | 8worksのせっけん届いた! »

ミヒャエル・ハネケ「ピアニスト」

結構前にミクシイに書いたレビューだけど、こっちにも書いておく。
新作「白いリボン」。どうなんだろうなあ。ハネケは、ホント悪趣味だから・・・

**
ミヒャエル・ハネケの作品は初めて見ました。
ものすごく倒錯しているのに、心の奥でなぜか共感してしまう。かなり痛いシーンも沢山あって、人を不快にさせることに長けた監督かとも思えるのですが、ラースフォントリアー監督のような底意地の悪さは感じない。むしろドライで、ふっと笑いさえ出てしまうよう所もある。「ああ、これは監督の天然の持ち味なんだな」と理解しました。倒錯といっても、様式美の倒錯じゃないから、結構唐突な場面展開ではあるのだけれど、それが不思議なテンポを生み出していて、長回しシーンでもじっと見入ってしまう。その演出力に驚きました。
普通エロスの温度って体温ぐらいだと思うのですが、これは摂氏15℃のエロス。ひんやりと冷たいSとM、愛のシーソーゲーム。
これがミヒャエル・ハネケワールドか!

|

« 私が電子レンジを使わない理由 | トップページ | 8worksのせっけん届いた! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヒャエル・ハネケ「ピアニスト」:

« 私が電子レンジを使わない理由 | トップページ | 8worksのせっけん届いた! »