« 聖林館@中目黒でピッツァマルゲリータを食べてきた | トップページ | 益々おかしくなる私の食の嗜好 »

鮨文@築地でなんだかモヤモヤした気持ちになった

以前から行きたいなーと思っていた鮨文@築地に行ってきました。
※写真撮影禁止なので、写真ナシです。

11時20分お店着。50分程待って入店。
おまかせ3675円を注文。

うーん。まあまあ美味しかったけど、私は、寿司大の方が好きかな。

鮨文、私がちょい苦手とする貝類がたくさん出てくるんですよ。
貝好きの人にはいいかもしれない。

あと前評判の高かった、穴子なんですが、すごくどろっとした甘いタレで頂くんですよね。
それがどうにも甘すぎて、苦手。
せっかく優しくふわふわに仕上がっているし、穴子本体は美味しいのに、もったいないなあと
思いました。

あと、雲丹も青柳も軍艦に乗せ過ぎ。サービスなんだろうけど、私はもう少し少なめで、シャリとの
バランスがとれてる方が好きですね。食べにくいし。

激安チェーン店魚がし日本一の1280円特上にぎりとか、美登利寿司とか、寿司大とか。
いろんな寿司屋のことが頭の中をかけめぐり・・・

これで、3675円というのは、なんか納得行かない。腹落ちしない。
ネタの内容ではない。個人的な満足度として・・・・

美味しい寿司屋とは、なんなのか?

そんな疑問がグルグルうずまきつつ築地場内をあとにしたのでした。

※納得行かないので、多分年内どこかのお寿司屋さんに行くと思います

|

« 聖林館@中目黒でピッツァマルゲリータを食べてきた | トップページ | 益々おかしくなる私の食の嗜好 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮨文@築地でなんだかモヤモヤした気持ちになった:

« 聖林館@中目黒でピッツァマルゲリータを食べてきた | トップページ | 益々おかしくなる私の食の嗜好 »