« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

お好み焼き いまり@恵比寿に行ってきました

なんか、食べ物ネタばっかりですみません。

体調悪いくせに、食欲だけはいっぱしで。
というか体調悪い分、美味しいものを食べたい欲は強まる一方なんです。

なんか久々にお好み焼きを食べたい気分になって、恵比寿のいまりでお好み焼きを食べてきました。

Img_1146

彼に連れていってもらったんですが、これが大当たり。

9名席のカウンタしかない、ちっちゃいお店で、若いお兄ちゃんが一人で切り盛りしてます。
JAZZなんか流れていい感じ。。

とりあえず、キムチとイカげその炒め物を頼みつつ、豚玉、お店のおすすめネギ焼きを頼みました。

炒め物もネギ焼きも美味しかったのですが、実は一番美味しかったのは、豚玉(800円)でしたw
いやー、こんなにふんわりした豚玉あるんだーと、ちょっとびっくり。
今まで食べたことのない感じでしたね。

※食欲が暴走して、キムチとイカげその炒め物以降、写真を撮るの忘れましたw

また、写真も撮りたいし、近いうちにまたぜひ行きたいお店です。

追記
伊藤章良とさとなおの「うまい店対談」
にも登場してました。やっぱ、豚玉とかシンプルメニューの方が美味しいよね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末、平日昼間、尾花で

年末、平日昼間の尾花

会社勤めの人、おじさん、おばさん、いろんな人がいました。
(当然ながら若い人はほとんどいませんでした)

しかし、びっくりしたのは、そのほとんどの人が、
やきとりだの、うざくだの、玉子焼きだの、ちゃわん蒸しだの
おつまみ系を頼みつつ、昼ビールを楽しんでいたこと。

みんな幸せそうな顔してるの!

8名程で来ていた団体さんは、会社のプチ納会なのかな?
白焼きだの、やきとりだの、ガンガン頼んでました。

そして、鰻重も(わたしたちよりもちょっと大きめ)3500円のお重を
頼んでいる人が多数派でしたねえ。

4000円のお重を頼んでいる人は居るのかな?と思って見渡してみると。。
いたいた!

50代後半から60代ぐらいのおじさん。サラリーマンではなさそう。
おそらく、身体使う系の仕事だと思うんだけど
1人で来て、もくもくとお重を食べてました。

なんかカッコいいなあ。。

鰻の味もさることながら、あのお店の幸せ~な雰囲気を味わえたのが
なによりよかったです。

また行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾花@南千住で鰻を食べてきました!

先月、友人たちと訪れて以来すっかりファンになってしまった尾花。

「鰻が食べたい」

という彼と一緒に行ってきました。
Img_1148

11時20分ごろに到着したのですが、さすが人気店!

既に7-8人並んでいましたね。

11時30分、開店と同時に入店。

1回転目のオーダをすることができました。

まつこと40分弱。

やってきました!鰻重3000円+肝吸が。

Img_1147


今回も鰻ふんわり・・・美味しかった。

私はこのようにふんわりしてる鰻を「ふんわりエレガンス系」と呼んでいるんですが、
最初食べたときはビックリしましたね。
うわ、こんなにふんわりした鰻があるんだ!って。

私が今まで食べてきたのは、こんがりこってり系でしたw
わりとタレもしっかりかかってる感じです。

一方こちらはタレもサッパリ。エレガンス系です。

美味しかったなあ。お店のたたずまいもクラシックでいい感じだったし。

はるばる遠出して行く甲斐のある名店だと思います。

オススメ!

次の記事で、尾花で感じた事を書いてみたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末土曜の昼下がり、フレンチトーストを作ってみた

25日朝、目覚めてサンタさんからのプレゼントがないのは、ちょっとがっかり。

こういうときに「おとなになったこと」の寂しさを実感しますw

でも、おとなはおとなでやることがあるわけで・・・

今日は実質年末最後の週末なので、

年賀状
カーテンとか大物の洗濯

をやることにしました。

とりあえず、14時までで年賀状がひとしきりしたので、カーテン洗濯しながら

おやつにフレンチトーストを作ってみました。

Img_1159


本当は固くなったバゲットを充分、卵液+牛乳にひたして焼く、

というのが王道レシピだと思うけど

私は焼きたてのバゲットに短時間、卵液+牛乳に漬けて焼く

のが好きです^^

バゲット外側カリカリ感とパンの美味しさが卵液に絡まって
絶妙。

あと、卵液にはお砂糖をいれないで、

焼き立てにメープルシロップやハチミツをタラーっとかけるのが好きです。

今回も近所のパン屋で焼きたてバゲット買って作ってみましたが、
大成功。

とっても美味しかったです。

さて、これからカーテン乾かして、読書とDVDで寛ぎタイムです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクタイツを履くとやめられなくなる

ボーナスが入って、ちょっぴり小金持ちになったので、以前から欲しかったものをちょこまかと購入してみました☆

まず買ったのが「シルクタイツ」。
Img_1145

 >シルクは綿の1.5倍の吸湿性と保温性があり肌はいつもサラサラ、 また静電気のパチパチがおこりにくく、ナイロンタイツを履くと脚が痒くなる人でもシルクなら安心して着用できます。

昨年買って、その履き心地に病みつきになりました・・・

お値段が若干高め(2900円)なので、そうポンポンとは買えないものなのですが、
とにかく履いていて気持ちいい。温かい。
逆にいうと、今まで履いていたナイロンのタイツがこんなにストレスフルだったのか!
と改めて気づきました。

もう、他のタイツは履けない。

という訳で、寒さ厳しくおり我慢できず
2足注文した次第です。

ついでに、シルクパジャマも買いました。

こちらも最高です。夢の質が違います。
コットンのパジャマと比べてみたんですが、
明らかにシルクのパジャマの方が幸せな夢を見られるんですよねえ。

いい夢見る代金として7800円。高くはないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美術検定3級無事合格しました☆

本日、無事美術検定3級の合格通知が届きました!
得点は、84点。まあまあの成績かな。

ホント、こんな試験でも受けないと、私のテキトーな美術の知識は、てんてんバラバラのままでしたw

試験に向けて、期間を決めてエイ!と勉強できたのがよかったかなあと思います。
点だった私の知識が、線になる感じは、なかなか面白い体験でした。

あと、○○士の勉強をしたときの「試験のテク、勉強のテク」みたいなのが活かせたのもよかったなあ。

というか、振り返ると、私の学生時代の勉強、試験対策ってホントぶきっちょでしたw
今回の試験を通じて、私ってものを覚えるのに時間がかかる人間なんだなあって、改めて思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作り肉まん、おすすめです!

今日は、実家に帰って、母と肉まんを作りました~。
Img_1142

え?肉まんって自分の家で作れるの?って思ってる、みなさん。
ふふふ。意外と簡単です。

そして、コンビニなんかで売ってるのより、ずーっと美味しいです。
出来たてなんて、もー最高です。
皮ももっちり、具も美味しい。
私は、タケノコがゴロゴロ入っているのが大好きなので、たくさんいれちゃいました。

Img_1144

レシピは、後日☆

12/25 レシピ追加しました

肉まん(4個分)

・強力粉 175g
・湯    90cc
・ドライイースト 3g
・砂糖 7g
・塩 0.9g

肉あん
・豚ひき肉 160g
・玉ねぎ(長ネギでも代用可) 80g
・茹で筍 40g
・干し椎茸 1枚
・生姜 2g
・塩 2g
・醤油 10cc
・砂糖 6g
・でんぷん 16g

作り方
1.強力粉とドライイーストをふるいにかけてボールに入れる。
2.30℃の湯に砂糖と塩をとかし、1.に加えてよく混ぜてから捏ねる。耳たぶぐらいの硬さになったら、まんじゅう型にまとめてボールに入れる。ラップをかけて、28℃~30℃に保って1時間程おく。(一次発酵)
→発酵には、コタツが便利です。ウチにはコタツがないので、せいろの温度を上記温度にして発酵させました。

3.玉ねぎ、茹で筍、戻した干し椎茸、生姜をみじん切りにして、ひき肉と混ぜ、塩、砂糖、醤油、でんぷんを加えて混ぜ、4個に分ける。
4.2が発酵して2倍ぐらいの大きさになったら、ガス抜きをして4個に分ける。1個ずつまるくまわりを薄くのばして肉あんを入れ、皮のまわりを真ん中に包みよせ、中央でねじってとめる。下に、4センチ四方のクッキングペーパを敷く。

5.せいろに濡れふきんを敷き、間を空けて肉まんを並べ、30℃で20~30分程おく。(二次発酵)
6.5.を強火で15分蒸す。

これで完成!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂角の「ゆかり」名古屋限定ゴールド缶

今日は楽しい、同業者の忘年会。

ヒミツの景品として用意したのが

坂角の「ゆかり」名古屋限定ゴールド缶

友達にお土産で貰ってから、結構気に入っていたのだ。

海老も、ゴールドも縁起がいい感じでしょ?

しかも「ゆかり」美味しいし。

金額が安くても「縁起がいい感じ」を演出できる、われながらグッドセレクト。

おじさまたち、喜んでくれるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

益々おかしくなる私の食の嗜好

どうも食の嗜好が変わってきて、自分で自分が可笑しいw

まず、コーヒー、紅茶が苦手になり、どちらかというと炭酸飲料、
ジュース類を好むようになりました。

前はそんなに食べなかった、果物・・・特に柑橘類を好むようになりました。
最近では、おみかんラブですよw
おやつもみかんゼリー。

温かい食事全般が苦手になり、とりあえず朝はシリアルにつめたい牛乳+ヨーグルト。

そして、いま(冬なのに)冷やし中華を欲している・・・

あと、妙にしょっぱいもの(特にポテトチップス)が食べたくなるんですよ。
実は今朝も、ナビスコチップスターうすしお味、ミニサイズを
一気に食べてしまった・・・

朝からポテチの臭い全開なのもアレなので、とりあえず、ナビスコプレミアあたりを
常備しておこうと思ってます。

なんだか体を冷やすものばかり食べてて、体によくないかなあとも思うんですが
とりあえず、ムリして自分が食べたくないものを食べて気分悪くすると本末転倒だし
しばらくこの調子で行ってみたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮨文@築地でなんだかモヤモヤした気持ちになった

以前から行きたいなーと思っていた鮨文@築地に行ってきました。
※写真撮影禁止なので、写真ナシです。

11時20分お店着。50分程待って入店。
おまかせ3675円を注文。

うーん。まあまあ美味しかったけど、私は、寿司大の方が好きかな。

鮨文、私がちょい苦手とする貝類がたくさん出てくるんですよ。
貝好きの人にはいいかもしれない。

あと前評判の高かった、穴子なんですが、すごくどろっとした甘いタレで頂くんですよね。
それがどうにも甘すぎて、苦手。
せっかく優しくふわふわに仕上がっているし、穴子本体は美味しいのに、もったいないなあと
思いました。

あと、雲丹も青柳も軍艦に乗せ過ぎ。サービスなんだろうけど、私はもう少し少なめで、シャリとの
バランスがとれてる方が好きですね。食べにくいし。

激安チェーン店魚がし日本一の1280円特上にぎりとか、美登利寿司とか、寿司大とか。
いろんな寿司屋のことが頭の中をかけめぐり・・・

これで、3675円というのは、なんか納得行かない。腹落ちしない。
ネタの内容ではない。個人的な満足度として・・・・

美味しい寿司屋とは、なんなのか?

そんな疑問がグルグルうずまきつつ築地場内をあとにしたのでした。

※納得行かないので、多分年内どこかのお寿司屋さんに行くと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖林館@中目黒でピッツァマルゲリータを食べてきた

Img_1118


昨日は、中目黒で用事があったので、聖林館でピッツァマルゲリータを食べてきました。

わたしは全然知らなかったんですが、このお店、すごく有名みたいですね。
インテリアも素敵。

相方とマリナーラとマルゲリータ1枚ずつ。なかなか美味しかったです。生地がもっちり美味しく出来てるし、焼き方もカリッとしてて、窯焼き感全開。いいと思う。

個人的には、マルゲリータはもっともっとトマトソースがたっぷりなの方がよかったなあ。あとチーズがちょっとしょっぱめ。もう少し塩気の少ないチーズが好きだな。

食べながら、昔パン教室で作ったピッツァのことを思い出しました。

自分で作ったトマトソースを思う存分かけたピッツアは、プロのそれには叶わないけど美味しかったなあ。

いまのおうちはオーブンが無いので作れないけど、オーブン買ったら、まずはピッツァを作りたい。

そんな気分になった聖林館のピッツァでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8worksのせっけん届いた!

Img_1121


ちゃんと美容をやってる人には怒られるかもしれないけれど、わたし、ほとんどクレンジング剤を使わないんです。

使うときはコレ。すっぴんエッセンシャルズクレンジングリキッド

基本は、8worksのせっけん×2回洗い。

普通のファンデーションだと多分落ちないと思うんですが、わたしの使っているメイク用品(エバメールのリキッド)はわりと軽めのせいかこれで充分落ちます。

まずメイクした顔にそのまませっけんの泡をのせて洗う。その後洗い流して再度洗顔。
これで落ちている(たぶん)。

クレンジングは、自分に合うのが見つからなくてホント苦労しました。
顔の皮膚が薄いせいか、どれを使っても赤くなってしまうし、さりとて洗浄力が低いとまた肌荒れを引き起こすし。

結局、できるだけ落としやすいファンデ+せっけん洗顔に落ち着きました。

メイクも軽め、クレンジングも軽めが肌への負担が少なくて◎だったということですね。
エバメールのファンデは、ホントおすすめで、残業時間になっても肌が乾燥しないんです。
結果一日中「肌がラク」。
↑この感じ、女子ならわかる?

肌の状態もホントよくなった。

8worksのせっけんは、友人のM本さんが作ってるんですが、素材も安心だし、仕上がりしっとり。
開発に数年かけただけありますわ・・・
以前は彼女のところでフットケアをやるときに買っていたのですが、最近ネットショップも始めたとのことで
そちらで買ってみました。

そういえば、ファンデもエバメールだし、基礎化粧品もメバメールです。
これひとつでOKなのでホントラクなんですよね。。
なにより、肌が赤くならないのが嬉しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ミヒャエル・ハネケ「ピアニスト」

結構前にミクシイに書いたレビューだけど、こっちにも書いておく。
新作「白いリボン」。どうなんだろうなあ。ハネケは、ホント悪趣味だから・・・

**
ミヒャエル・ハネケの作品は初めて見ました。
ものすごく倒錯しているのに、心の奥でなぜか共感してしまう。かなり痛いシーンも沢山あって、人を不快にさせることに長けた監督かとも思えるのですが、ラースフォントリアー監督のような底意地の悪さは感じない。むしろドライで、ふっと笑いさえ出てしまうよう所もある。「ああ、これは監督の天然の持ち味なんだな」と理解しました。倒錯といっても、様式美の倒錯じゃないから、結構唐突な場面展開ではあるのだけれど、それが不思議なテンポを生み出していて、長回しシーンでもじっと見入ってしまう。その演出力に驚きました。
普通エロスの温度って体温ぐらいだと思うのですが、これは摂氏15℃のエロス。ひんやりと冷たいSとM、愛のシーソーゲーム。
これがミヒャエル・ハネケワールドか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »