« 「奥村土牛展」@山種美術館 | トップページ | 山口藍さんのレセプションパーティ »

東京大神宮で茅の輪くぐりをしてきました

Img_0799Img_0808

東京大神宮から夏越の祓のご案内が来ていたので、かたしろ納めと茅の輪くぐりをしてきました。
土曜の11時ごろに行ったんですが、良縁を願う女の子がいっぱい!あまりの混みようにビックリしました。

まずは、夏越の祓用のかたしろを納めてきました。
かたしろには、自分の名前、年齢を書き、左肩、右肩、左肩という順に当て、三回息を吹きかけます(自分の分身)。30日当日、このかたしろに御祓いしてもらいます。

夏越の祓をお願いするのは初めてだったんですが、お土産に夏越の祓用のお守りと、無垢塩草が付くんですね。お土産付きで1000円。なかなかお得だと思います。
Img_0812

そして、茅の輪をくぐり、本殿を参拝。
日ごろの感謝の気持ちを延べたあと、今年後半の良縁を願っておきました。

本殿ではご祈祷をやってましたねー。
私も昔、何度かやってもらったことがあります。ここのご祈祷、お神楽も見られるし、なかなかいいんですよ。
当時お願いしたのは、○○士の合格祈願と、除霊(笑)。
ええ、そりゃもうバツグンに効きましたよ。

参拝後は、境内で振舞われていた麦茶とお菓子を食べて、御神籤を引いて帰ってきました。
御神籤には
「目上の人の引き立てで思わぬ幸いがある」
と書いてありました。
ほほぉ。目上の人は特に感謝の気持ちを振りまいておこう(笑)

そして、今日はとらやで夏越の祓のお菓子「水無月」を購入。

Img_0810

ういろうの上に、小豆が載ったお菓子なんですが、さすがとらや、美味しかったです。
ちなみに「小豆を使用しているのは、赤い色が邪気を祓うと信じられため」とか。
なるほどねえ。

こういう風に季節の行事に敏感になったのは、さとうめぐみさんのおかげなんだけど
調べてみるとホント季節季節に楽しい行事がある。いわれを調べてみるとまた楽しくて
日々を楽しくすごさせてもらってます。

夏越の祓が終わると、次は七夕かな。

短冊にお願いを書いて夏を楽しみます。

|

« 「奥村土牛展」@山種美術館 | トップページ | 山口藍さんのレセプションパーティ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京大神宮で茅の輪くぐりをしてきました:

« 「奥村土牛展」@山種美術館 | トップページ | 山口藍さんのレセプションパーティ »