« マイやる気が出るミュージック | トップページ | サガン「悲しみよ こんにちは」、フランソワ・オゾン「スイミング・プール」 »

歌川国芳-奇と笑いの木版画@府中市美術館

ここのところずっとブログの更新が滞っていたので、休憩時間を利用して更新。
・・・もう時間がないって言い訳しません。

とりあえず先月みた美術展のことをいくつか書いておきます。

歌川国芳-奇と笑いの木版画@府中市美術館

以前から何度か足を運んでいたけど、
「やっぱなかなかいい展示やるなー」と思いました。
歌川国芳。最初に見たのは、十数年前の太田記念美術館だったか。
とにかくヘンテコな浮世絵をかく人だなあと思ったんだけど、ここのところの
辻先生「奇想の系譜」あたりから、奇想ブームなのか、超ヘンテコな作家なのに
府中市美術館、満員御礼状態。ちょっとアート好きな若者カップルとかがたくさん
見に来ていました。

・・・みんなもヘンだよw!

展示内容としてはまあまあかな。

浮世絵って、小さいし、そもそも「印刷物」だし、本物を見ても意外と「うわー、ほんもの!」
という感動が少ないんですよね。

でも、これだけ大量の作品をまとめて見られたのはよかった。

金魚とかネコとかドクロの絵とか、やっぱり面白いしね。

府中市美術館のキュレーション力すごいと思います。

しかし、府中市美術館は駅からもちょっと遠いし、半日仕事ですわw

行くのに気合を必要とする美術館です。

|

« マイやる気が出るミュージック | トップページ | サガン「悲しみよ こんにちは」、フランソワ・オゾン「スイミング・プール」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌川国芳-奇と笑いの木版画@府中市美術館:

« マイやる気が出るミュージック | トップページ | サガン「悲しみよ こんにちは」、フランソワ・オゾン「スイミング・プール」 »