« 岡田斗司夫さんの「ひとり夜話」 その3~ノート術2 | トップページ | アンパンマンとXジャパン »

岡田斗司夫さんの「ひとり夜話」 その4~ノート術3

続いて
>巡航・・・ノートに「仮説」「アイデア」「意見」がまとめる
この段階に来ると、自分の考えていることのパーツパーツがそれぞれリンクするようになって、自分ならではのアイディア、意見ができてくる。要は、自分の考えがどんどん顕在化して、考え同士の密度が高くなる。そうすると、おー!こことここって近いし、つながってるじゃん、的な発想ができるという感じです。イメージ的には、川喜多ニ郎の「KJ法」みたいな感じでしょうか。
→KJ法とは、アイディアや事実をカード化し、同じものをグループ化することで思考を整理したり、新たな発想を促したりする方法です。詳しくは「発想法」を読んでみてね♪

このようにして生まれたものを、岡田さんは「見識」と言っています。
知識+人格+教養=見識
→こ、これだあ。自分を自分たらしめているものは!
そう。見識!見識を磨き、それを伝えるために私は生きているんです!

そして、
>第3段階「ブログ」
再加速・・・ノートを見せて話す。話すのが不得意な人は、ブログに書く
→ついにブログデビューです。見識が固まらないうちにブログ書いちゃうと他の人の意見に流されちゃったりするから、まずは第2段階までで見識を固めてからブログに行けと。ここで、岡田さんは「ブログは面白がってもらってなんぼのものなので、面白いこと以外かいてはならないと」言っています。

で、岡田さんの名言がひとつ。
>「私」とはここにしかいない。ノートは「観察可能な私」である。
かっこいーっ。
私ももっともっと、「私」というものを観察し、アウトプットしなくてはと思いました。

さらに、岡田さんは、Yahoo!検索で言えば10万件ヒットするぐらい、注目・評価という資本を、他者に投資できるようになれ、そして、自分のやり方を教えるようになれと言ってしめくくっていました。

ここまで書いてみて、気づいた・・・

第2段階までの部分、かなり自主トレしてました・笑。自分でも気づかぬうちにやってたやってた!

だって、毎日毎日「なんでなんで」って考えてるし、「それやったらどうなるどうなる」って考えてるし、ちなみに「なんで」は、仕事柄職場でも連発してて、事務の女性に「恵先生はなんで、いっつもなんでなんでって言ってるんですかー」と突っ込まれるほどでした。「じゃあ、きくけど、あなたはなーんで、なんでって思わないの?!」って必殺なんで返しをしてみてみたら、かなりムっとされました・笑。ごめん。こういう理屈っぽい人間なのよ。わたし。

岡田さんは、最近いろんな人のブログをみながら、そういう思考の基礎みたいなものができていないなーと実感していたんだと思います。それで、こういう段階的なノート術(というか思考術だよね)を紹介するようになったのではないかと思いました。思考術とか、学校や会社ではあんまり教えてくれないしね。

ちなみに、私が日記やブログで書いていることは、お昼休みに、職場の友達A子ちゃんと話したことがベースになっていることが多いです。彼女はなかなか深い思考力を持っており、まず私が昨日「考えたこと(主に私の仮説)」を話すと、それに対して意見をくれます。あと、私や彼女の経験の中でその仮説を検証してみたり、その理由を考えてみたり、話すことによるノート的思考がそこに展開されている気がします(いつも話に付き合ってくれる。A子ちゃんに感謝です)。
これが私の日々の思考トレーニングの基礎になってる気がする。でもまあ、話してるだけだと、インタラクションがあるから面白いんだけど、じっくり思考するという点ではちと足りない気がするので、毎日ノート2ページ、岡田式でいっちょうやってみるかーという気持ちになっています。

>「私」とはここにしかいない。ノートは「観察可能な私」

なんだしね。

そしたら、少しはまともな日記、ブログがかけるようになるかもしれないから。

|

« 岡田斗司夫さんの「ひとり夜話」 その3~ノート術2 | トップページ | アンパンマンとXジャパン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、大阪のC太郎と申します。

お友達のA子さんとのやり取りですが
私にも同じような思考力の高い友人が居るので
会話がトレーニングになっていると言うお話が
私にも当てはまり、勝手に共感させて頂いてます。

岡田さんのノート術を始めて感じたのは
ノートが友人とのやり取りに、凄く似ている事です。
ノートはもう一人の友人(自分だけど)と言う感じです。

投稿: C太郎 | 2010/01/08 03:01

C太郎さん

コメントありがとうございます!
一緒にいろんなことを考えられる、キャッチボールができる友達、大事ですよね。

>ノートはもう一人の友人(自分だけど)と言う感じです

ここまでのレベルに到達しているC太郎さん、凄いと思いました。

わたしはまだまだです・笑

とりあえず継続してみます。

投稿: | 2010/01/09 15:09

岡田さんブログから飛んできました。

この部分↓

>だって、毎日毎日「なんでなんで」って考えてるし、
(中略)
>…ごめん。こういう理屈っぽい人間なのよ。わたし。

読みながらパソコンの前で
思わず大笑いしてしまいましたよ^^

私も先日から岡田式ノート術始めたばかりなので
お互い立派な理屈民族になって
ゆくゆくは東京ドームで会いましょう(笑)

投稿: タイムボカン | 2010/01/17 22:48

>タイムボカンさん
コメントありがとうございます。
わたしもヨチヨチ歩きのノートビギナー。
ノートノートの百本ノーック!で頑張りたいと思います。
ひとり夜話、とりあえず友人2名を送り込みました。うち1名は「岡田さんは過小評価されていると思います」とまで!
東京ドームまでの道、案外短いかも・笑


投稿: 恵 | 2010/01/17 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63680/47196748

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田斗司夫さんの「ひとり夜話」 その4~ノート術3:

« 岡田斗司夫さんの「ひとり夜話」 その3~ノート術2 | トップページ | アンパンマンとXジャパン »