« さとうめぐみさんイベント2つ終了 | トップページ | 文房具朝食会に行ってきました »

たぶん一生のうちで一番好きだ

たぶん一生のうちで一番好きなマンガは

成田美名子の「エイリアン通り」です。

成田美名子は、その後「サイファ」とか「アレキサンドライト」とかを発表しているけれど、この「エイリアン通り」以上の作品はその後作れていないと思います。

「エイリアン通り」は、私が中学生ぐらいのとき、大ヒットした作品で、そりゃもう、擦り切れるぐらい何度も何度も読んだマンガです。
金髪の美少年、天才、大金持ちでビバリーヒルズの豪邸に住んでいるなんて設定いかにも古臭いし、今読み返せばきっと、気恥ずかしいぐらい稚拙な表現もあるだろうけど、10代の感性がやわらかなときにインプットされたこの美しい絵柄や物語は、今も私の心の一番奥の部分を占めています。

どんなことがあっても、自分に無償の愛を与えてくれるホームグラウンドみたいな場所を確信したい。

私の10代のときの気持ちと相まって、深く深く刻まれている作品です。

こういう作品は大人な理屈で面白さが説明できないんです。
ただ、あこがれて、大好きで、若い感性で好きになった作品。

私の思春期の証明書みたいなマンガです。


|

« さとうめぐみさんイベント2つ終了 | トップページ | 文房具朝食会に行ってきました »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

おお!懐かしいですね。私はCIPHERが大好きでした
また読み返してみたくなっちゃったな。

投稿: プー | 2009/12/05 22:56

>プーさん
読んでいましたか!うれしい!
成田美名子は最新作「花よりも花の如く」も面白いらいしですよ

投稿: 恵 | 2009/12/06 23:46

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たぶん一生のうちで一番好きだ:

« さとうめぐみさんイベント2つ終了 | トップページ | 文房具朝食会に行ってきました »