« 華麗なるガンTの世界 | トップページ | 手帳系お勧めイベント2つ! »

岡田斗司夫さん、勝間和代さんの「まねる力」をまねる

51yubq64jl_sl500_aa240__2


昨日の、岡田さんの「ひとり夜話」@ロフトプラスワン、かなり面白かったです!

毎回確実に進化していて、今回、プロジェクタの使い方がよかったと思います。
このプロジェクタ使いの感じは・・・たぶん「みうらじゅん」byスライドショウ。

でもそれがマネであることを感じさせないぐらい、「オレ的」使いこなしをしているのがさすがだなと思いました。

今回は、勝間さんの「目立つ力」の帯をトリガに、ガンダムのお話が全開でした。
そのガンダム話もとても面白かったのですが、びっくりしたのが、岡田さん、勝間さんを(勝手に)師匠として仰いでいるということ。

要は・・最近の岡田さん、勝間さんの「まねる力」をまねているんです。

じっさい、勝間さんの売り方やブログなど、かなり研究してます。

最近の岡田さんのブログに「ビデオレター」が登場したのも顕著な例。

元映像のプロだけあって、最初不慣れだったのに、2-3回目あたりから、「おお!さすが」と思うできばえになっています。
お時間あればぜひ。

いやー、岡田さんの東京ドームへの道。本気だわ。
凄い野心!

50歳をすぎて、10歳も下の人をまねる。
それまで積み重ねてきたこともあるだろうし、プライドもあるし。なかなかできることではありません。

ご自身もまねるってのもなかなか大変なこととおっしゃっていましたが、まねることの効果(?)として

「己の本当の個性が発見できること」

とおっしゃっていたのが印象的でした。

まずは愚直にまねてみる。努力してもやっぱりまねられない。
それが己の本当の個性だと。

なかなか面白い解釈だと思いました。

|

« 華麗なるガンTの世界 | トップページ | 手帳系お勧めイベント2つ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡田斗司夫さん、勝間和代さんの「まねる力」をまねる:

« 華麗なるガンTの世界 | トップページ | 手帳系お勧めイベント2つ! »