« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

マンガリーラボ@中目黒

Img_0308
今日はマンガリーラボ@中目黒。会場は、chano-maというオサレカフェ。ご飯もおいしかったし、雰囲気もよかったし。さすがマレ君セレクト。ホントありがとう!!

わたしたちの班で紹介されたマンガは以下のとおり☆
・ちはやふる
もののけさんのご紹介。
この感動は、マンガ自体が面白いせいか、それともマンガ界を追放された末次 由紀のカムバック作品だからなのか。・・・・この着眼点がよかったなあ。わたしも高校のクラスマッチで「競技カルタ」やったんですよ・笑。読んでみよ。
・絶望に効くクスリ
キラークエスチョン とともにまささんが紹介。キラークエスチョン は、「必殺の質問」満載でかなり使えそうです。
3月のライオン
それぞれにワケありな登場人物が織り成すドラマ。マレ君いわく「説明するのが難しい」・笑
羽海野 チカの新境地とのことなので読んでみたい!

わたしの紹介したマンガは
・監督不行届
エヴァの庵野監督と、「働きマン」安野モヨコとの爆笑夫婦エッセイマンガ。当初オタヨメであることを拒絶していたモヨコ(ロンパース)が徐々にオタヨメとして開き直る様や、オタ夫の赤裸々な生態が素晴らしい。
わたしもオタクをパートナに選ぶのもありか、目からウロコでした。
かえりしな、女子たちと「カントクみたいな彼氏がいいよねー」盛り上がれたのが嬉しかった!

今回、マンガ以外のトークがまた面白くて。
わたしの両隣の人同士、同じ大学同じ学部だったとか(世の中狭いものです)。
わたしの向かい側の人が、むかしまんが家としてプロデビューしたことがあったとか~、角田さんの大ファンで仕事で逢えたりとか~、角田さんの唄が素晴らしいとか~。いいにおいがした~とか。
アートのお仕事している人と「アートとお金」の話ができたりとか~。
人生で逢いたい人~とか言って「XジャパンのYOSHIKIさん!」とか、正直に告白しちゃったりとか~。
(あ!BUCK-TICKの櫻井さんにも逢いたい!)

で、マンガの交換もしちゃいました!

わたしからは、清水玲子の「秘密」。
相手の方からは以前からよみたかった「ママはテンパリスト 1」を貸してもらいました。
帰りに高田馬場のスタバで読了。
面白かった!
こどもが妙にオトナっぽくて生意気でいいんですよ~。
素晴らしい育児マンガです。

そして今は、少女マンガ永遠の名作。「ポーの一族」を読んでいます。
じつに20年ぶりぐらいなんですが、大胆に入れ替えた時間構成や、思い切り少女マンガな雰囲気なのに、実は洗練された絵柄、ストーリーに改めて感動。
今回出たパーフェクトセレクションは装丁も素晴らしい。タメ息ものです。

やっぱりマンガって素敵。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

最近気づきました

最初勤めた会社で

「○○さん、打ち合わせってのはね。話し合いの場じゃないんだよ。確認の場なの」

と言われていらい、打ち合わせってのは確認の場だと思っていましたが・・・

どうやら、そうでない人がたくさんいるらしい!

ということに最近気づきました・笑


あと、

大多数の人が

「ものを読んだり考えるとき、わからなかったら図解(ビジュアル化)して考えるものだ」

と思っていたんですが

どうやら、そうでない人がたくさんいるらしい!

ということに最近気づきました・笑

自分が当然だと思っていることが、実は当然ではない。

そういうことがたくさんあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BUCK-TICK Tour memento mori -REBIRTH-@赤坂ブリッツ

450pxakasaka_blitz
昨日は、BUCK-TICKさんのコンサート@赤坂ブリッツへ。

ホールツアーを経て演奏もかなりよかったし、いままでで一番近い位置で櫻井さんを見ることができたのも嬉しかったです☆
わたしは櫻井さんファンだから、つい贔屓目に見てしまうのだけど、芸歴20年以上でも
「毎回絶対手を抜かない」
「お客さんに満足してもらえるよう一生懸命ステージをやる」
その姿勢がビシビシと伝わるステージに感動しました。
ちょっとした仕草というか、ステージアクト・・・・
近くで見ると余計にそういうのが伝わってきて
ベタかもしれないけど
「わたしも仕事頑張ろう!」
って気持ちになりましたよ。

櫻井さん、見た目に似合わずかなり気が弱い方のようで、むかしはステージ前(およびステージ中)は常にアルコールを手放さない方だったのですが(それでもすごくいいステージやってたけど)、いまはミネラルウォータを飲みながらのステージです。

以前ラジオで
「ホントにもう、呑みながらなんて、お金払って見に来ているお客さんになんて失礼なことをしてたんだ思ってます」
と仰っていて、ベテランしてこの謙虚さが、たまらないなーと思いました・笑

関係ないですが、櫻井さん、ツアー開始前には、走りこみをして「体作り」をしているそうです。
あの日本のデカダンス四天王と呼ばれた男が!走ってる!
あふれるプロ根性にあらためて感動。
→デカダンスやるにも体力が必要ということですね。

久々ライブハウスにいって「つ・・・疲れた」とか言ってる場合じゃないですね。
次回10月11日に台場でライブがあるので、体力増強して望みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついったーお休み!

あかん。ついったーやってると、つい言葉が垂れ流し状態になります。
今後、言葉を頭の中にプールして、ちゃんと熟成させて発言しないと、脳みそが老化しそうなので、とりあえずお休みします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年ぶりの再会と、NOCCHO先生のデビュー

Sn3g1076

金曜は、NOCCHO先生とその同僚の皆さんと食事会でした。

NOCCHO先生、誰やねん?
という方のために説明しますと、わたしの折り紙の先生です。
折り紙といっても、コドモ折り紙ではありません。
オトナ折り紙です。

先生は最近ブログを始めました。
凄いです。
●NOCCHOrigami
http://blogs.yahoo.co.jp/tigermoth_ship

で、先生とその仲間と訪れたお店はこちら
●魚鐵 (うおてつ)@九段下
http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130906/13025121/

このお店は、友達夫婦が経営している魚料理のお店なんですが、わたしも○○士の資格試験の勉強やらナンやらでちょっと疎遠になり、なんと10年ぶりの訪問です。ご夫婦は相変わらず素敵。
お子さんは10歳!
わたし~、うまれたばかりのときあったことあるんだよーおぼえてるー
と必殺おかあちゃんギャグをかましてしまいました。

しかし、10年ぶりの、うをてつ。
お店のビル自体建てかえて、超オサレに大変身してました。
お味は昔と同じ美味しさ!
うれしい・・・
本当に美味しいのでぜひ皆さんも行ってみてください。
ランチは「しあわせランチ」がオススメです。

さて。
今回は、わたしは先生に宿題を出しました。
オーナ夫妻へのお土産となる折り紙を作ってくださいと。
ヒントは
「魚料理屋に合うものを」
これだけ・笑

でも、さすが先生。
わたしの期待以上の作品を作ってきてくれました。
・サザエ
・カジキマグロ
・サケ

ちょうど、飾り棚にもピッタリ。しかも、小さいものから大きなものまで並べたときにリズム感のあるものになりました。

構成もばっちりです☆

先生、さすがです!
ありがとうございます。

食事会もとてもいい感じで終了し、めでたしめでたし。

先生の作品を見たい方は「うをてつ」まで行けば見られますので、ぜひ行ってみてください!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

そうそうこの味!サンモリッツ「フルーツローレン」

Img_0292

金曜は、仕事に必要な印鑑登録、印鑑証明をとるために役所の出張所へ。
帰りにその向かいのケーキ屋サンモリッツでケーキを買いました。
このお店、小さいんですよ~。
どれぐらい小さいかというと、ショーケースの幅=間口ぐらい・笑
1階のショーケースの向こうにどうやってはいるのかいつも不思議に思っています・笑
#きっと裏口があるんでしょうね。

このケーキ屋、わたしの母がムスメ時代からあるらしいから、創業50年以上か。。
わたし自身も高校の文化祭の出店用に買った思い出があります。
なつかしいな。

お味はというと、本当に素朴で昔ながらの味。
お母さんの味って感じでしょうか。
サバラン、プリン、シュークリーム、レモンケーキ、モンブラン・・・いろいろあるけれど
一番すきなのは、このフルーツローレン。
キウイ、桃、バナナ等、季節の果物が入っているロールケーキです。
ケーキのまわりに粉砂糖がかけてあるのがポイント。
270円。値段も良心的です。

帰宅して、美味しい紅茶を煎れて、ケーキをほおばれば、子ども時代にタイムスリップです。
嗚呼、しあわせ

伊勢丹あたりで、こりに凝ったスイーツをいただくのもよいけれど、わたしはこういう素朴系のケーキが大好きです。

また買いに行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすすめトークショウ2

おすすめトークショウをもうひとつ。

岡田斗司夫さんのトークショウです。

毎月第一月曜にgyaoでやっていた、「ひとり夜話」が終了したので、今度はロフトプラスワンで自分でやることにしたそうです。

●岡田斗司夫のひとり夜話@ロフトプラスワン
http://okada.otaden.jp/e55640.html

ええ、全日程行きますとも・笑!

以前ロフトで定期的にやっていた「遺言」(岡田さんの学生時代~ガイナックス退社までの話)
その後の「寝言」(完全フリートーク)
gyaoでやっていた、「ひとり夜話」も毎回毎回とても面白くて
ほぼ毎回欠かさずみていました。

「ひとり夜話」は、毎回素晴らしい内容だったにもかかわらず、アーカイブされているのがほんの一部だけ。
惜しい!
特に、3時間スペシャルとか、最終回とかホント素晴らしい内容だったのに・・・・。

ひとり夜話、行ってみたい~という人がいたら気軽に声をかけてくださいね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おすすめトークショウ

今日は、休暇をとってゆっくりしていた恵です。
東野圭吾「流星の絆」サクっと読了。
まあ、普通かな。
多分ドラマの方が面白いと思います。
(未見だけど、東野作品はドラマ向きだというのがわたしの定説)

この小説のオープニングは、おそらくユーミンの「ジャコビニ彗星の日」に着想を得た気がします。

そうじゃなければ、「やっぱり流星は見られなかった」って話にしなかったと思うから。
「秘密」にもユーミンの曲がでてくるし、多分東野さんはユーミンファンだと思います。

それはさておき。
トークショウ好きなわたしですが、友人に「どこからそんな情報を入手するのか」って訊かれます。
基本的には、ファンの人のWEBサイトとか、mixiのコミュニティ。
それと、本屋で出版記念トークショウをよくやりますので、紀伊国屋書店とか本屋のWEBサイトはよくチェックしてます。
とくに
青山ブックセンタ
は、ゲストもこだわりがあっていいし、好きですね。
自前でホールを持っているので、聞くときの環境もとてもいいと思います。

それと、最近注目しているのが
ヴァンタンデイスタジオ100
ヴァンタンがクリエイタ系で注目されている人を呼んで2時間ぐらいのトークショウをやるのですが
これが面白い!
今まで
・名和晃平(銀座メゾンエルメスで個展絶賛開催中)×アートイットの編集長
・小山登美夫(村上隆等を輩出した小山登美夫ギャラリオーナ)×アートイットの編集長
の回に行ったんですが、かなりコアなトークを展開しててよかった!
特にアートイットの編集長の小崎さんが名ホストぶりが冴える素晴らしい内容でした。

今後
9月17日
・長谷川祐子さん(前金沢21世紀美術館、現東京都現代美術館チーフキュレイタ)×アートイットの編集長
の回と
9月23日
おちまさとさん(放送作家)
の回に参加予定です。

おちまさとさん、青山ブックセンタのトークショウを見に行ったことがあるんですが面白かったですね。
今回のテーマは「おちまさとの世界観」!

かつて

時間の教科書
初対面の教科書

で「おちまさと的世界観」の影響を受けたわたしとしては参加は必須・笑

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴屋吉信「御園菊」

Img_0289_2

今日は重陽の節句ということで、帰りに「菊」の和菓子を買ってきました。
最初伊勢丹に行ったんですが、全部売り切れで!
小田急に移動して買ってきました。

ピンク色がレトロな感じで正統派のデザイン。味も正統派。
おいしゅうございました。

和菓子が面白いな~と思うのは、季節を感じられること。
それも季節先取りでデザインが変わるものだから、着物のデザインを見るような面白さがあるんですね。
しかも、毎年定番のデザイン(今回の御園菊もそうです)に加えて、毎回新作も見られる。
へ~っ。今度はこんなデザインにチャレンジしたんだ。なんて思いながらマメに百貨店でチェックするのが最近本当に楽しいです。

でも、和菓子って意外と高くって、御園菊も390円します。

とらや茶寮のお菓子は450円ぐらいだったかな。
デザインは、かなり古典的なんですが、とにかく美味しそう!
ちょっとしたあこがれブランドです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンガリーラボ終了

Img_0275_2


今日、マンガリーラボ@飯田橋が終了しました。
マンガに詳しい、Oさん、Mさん、MHCさんが、リードしてくれてとてもいい会にすることができました。
ありがとうございました。

マンガは深いトークに落とし込んでいくのがちょいと難しいので、
マンガに詳しいファシリテータがいること、
これがポイントかなと思いました。
Oさん、Mさん、MHCさんは、その点、本当に素晴らしいトークをしてくれました。
紹介してくれたマンガそれぞれに対し、なんらかの接点を見出し、いいブリッジをしてくれるというか。
本当に感謝です☆

それと。
今後、同じマンガを読んできてディスカッションするのもいいかな~と思いまして。
話題に上ったのが、おかざき真里の「サプリ」。
来月ぐらいにやりましょうかね。

さて、今回紹介されたマンガは以下のとおりです。
いずれも名作ぞろい。

・くるねこ  くるねこ大和
 かわいいネコに全員「萌え~」
・チャンネルはそのまま! 佐々木倫子
 佐々木倫子さんの綿密な取材、マジメな絵柄、面白トークが絶妙
・わが家の母はビョーキです 中村ユキ
 精神病にかかったお母さんを持つ、著者の実話を描いたコミックエッセイ
・聖☆おにいさん 中村光
 いわずもがな、立川に下宿するイエスとブッダのほのぼのエッセイ
・きまぐれコンセプトクロニクル ホイチョイプロダクションズ
 バブルから今までを「ホイチョイ的」な視点で回顧
・モーティブ 一色登希彦
 三十路を前にして、再びサーキットに戻ってきた主人公の物語。熱い!
・ぽっかぽか 深見じゅん
 ドラマ化されたマンガ。家庭の日常の幸せ
・サプリ おかざき真里
 これもドラマ化されたマンガ。妙齢女子のリアルなストーリー
・機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 5 愛蔵版 シャア・セイラ編 安彦 良和
 安彦 良和自ら原点にたちかえり描いた「ガンダムという神話」。テレビ、映画では描かれなかった物語があります
今回わたしが紹介したのは
・日出処の天子 山岸涼子
 サイキック聖徳太子を主人公とした歴史マンガ。政治、宗教、愛、憎しみ、セクシャリティあらゆるものが描かれます。好きなマンガベスト3には絶対入れたい作品!改めて文庫版で入手したんですが、絵が最高にキレイ。本当に山岸涼子って凄い人だと思います。
ランチはサンファソンで。
Img_0274Img_0271Img_0272Img_0273

マンガだけでなく、グルメトークも炸裂・笑
楽しかった~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マンガリーラボ

マンガに特化した読書会@飯田橋、定員8名様ソールドアウト!

初めての幹事。

ちょっと嬉しいです。

とりあえず、ランチもセッティングしました。

今回選んだお店はこちら。

おなじみサンファソン@軽子坂

みんな喜んでくれるといいけど。

・・・というか、美味しいランチつきの読書会、今後も継続的にやって行きたい。

美味しい読書、

美味しい食事、

美味しい会話。

いいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動のランチプレート シェ・マルミット

昨日は、アーユルヴェーダのマッサージの後、美味しいものが食べたくなって、シェ・マルミット@鳥居坂でランチを。

ここのお店、歯医者のS本先生に連れてきてもらってから大ファンなんです。

リーズナブルでとっても美味しい!

今回食べたのはランチプレート1500円。+300円でビシソワーズ(冷たいジャガイモのスープ)をつけてもらいました。
これがまた隅々まで美味しくて。
感動の一皿でした!

ビシソワーズは、カレー風味のオニオンのフライがついて、香ばしさとクリーミーなスープのコンビネーションも○。
自家製パンも美味しいし、メインのチキンのソテーは、カリっと香ばしく、かつジューシー。バターライスも本当に美味しく炊き上がっていたし、サラダも完璧。
デザートは、見た目にも美しくさわやか!3種のグレープフルーツにフロマージュブランを添えて。
気泡の入った皿が超キレイ。
ラストは美味しいコーヒーで。
Img_0264Img_0265Img_0266Img_0267

これで、1800円。

オーナに「これでやっていけるんですか?」ときいたところ
「あはは」と笑っていらっしゃいました。

確かまだ27歳ぐらいの若きオーナーです。

応援してます!

今回で3回目の訪問なのですが、お料理もさることながら、インテリアとかオーナの美意識が隅々まで行き届いているいいお店だなと思いました。オシャレで繊細。テーブルクロスの色とか、ちゃんとお料理を美味しくみせてくれるいい色を選んでいます。

オーソドクスで、正統派。そして隅々まで美味しい、シェ・マルミット。オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイゆっくりデイ

Room061_2

8月の繁忙期が終わったので、今日は有給休暇をとり、アーユルヴェーダのオイルマッサージを受けてきました~。
ホントねー、昼間に受けるオイルマッサージ最高です!
しかも、ここのオイルは普通のセサミオイルと違う。ハーブ入りなんです
心の奥からリラックスできます。

オイルマッサージ中は最初瞑想→その後、爆眠・笑
マッサージ後は、ゆっくりと起き上がって、シャワーを浴びて。

バスタオル巻いたら、窓際のデッキチェアでお茶とお菓子をいただきながらリラックスタイム。

2年前の夏、体力任せに仕事を頑張りすぎて、オーバーヒート気味のときにここで3日間集中的にシロダーラ(頭からオイルを垂らすものね)を受けたときのことを思い出しました。

凝り固まった身体とともに心もとぎほぐされ、同じ東京タワーの風景が・・・(要は、東京タワーの風景を見ている自分を定点観察しているわけなんですが)まったく違ったものに感じられたのを思い出しました。

当時抱えていた様々な問題に関し、ようやく「執着」を手放すことができて、オイルで洗い流されたわたしの心の奥に蓮の花(アーユルヴェーダ的には「知性の花」というんですかね)がさいた気持ちになりました。

ああ、わたし疲れていたなあと改めて実感して。

それ以降、定期的にオイルマッサージを受けたり、週1日ゆっくりデイ(できるだけ電車に乗らずしっかりと休む日)を設けたり、自分を疲れさせない工夫をするようになりました。

自分のベストパフォーマンスを引き出すためには、こういうマネジメントも大事。

そういうことに気づいた2年前のことを思い出した1日でした。

※写真は昔のサロンの写真です。いまは移転してしまい東京タワーは見えません・・・・あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »