« 名和晃平×ARTiT編集長トークショウ | トップページ | イルカと浮き輪 »

星花火

なんだか夏バテ気味なのか、週末は家でぐったり・・・これじゃいかんと、久々に実家に帰り、母の手料理でエネルギーチャージしてきました。
やっぱり母の手料理、美味しいです。心も身体も満たされます。
ありがとうー。お母さん!

一応、母に手土産等持っていたんですが、今回選んだのはこちら!


Img_0233Img_0234鶴屋吉信の和菓子2点。宵花火と、夏衣です。


宵花火は、宵という言葉通り、やや青みのある生地に花火の模様が付してあってキレイ。コシ餡も美味しい。
夏衣は、夏の定番のお菓子のようです、道明寺に包まれたツブ餡が涼しげでとても美しい。餡の美味しさは「夏衣」の方が優位か。
でも、どちらも大変美味しかったです。

花火といえば思い出すのが、夏目雅子さんの句

「間断の音なき空に星花火」

確か彼女の最後の句だったと思うのですが、音で空間を表現してるんですね。で、音と空間と光とがある。素晴らしい句だと思います。

|

« 名和晃平×ARTiT編集長トークショウ | トップページ | イルカと浮き輪 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星花火:

« 名和晃平×ARTiT編集長トークショウ | トップページ | イルカと浮き輪 »