« 今月の美食同源その1~伝説の店、北山珈琲店 | トップページ | 川喜田二郎氏逝く »

名和晃平「L_B_S」展@メゾンエルメス

52276c8d170
現代美術界の超売れっ子、名和晃平さんの個展「L_B_S」展@メゾンエルメスに行ってきました。
今年の東京都現代美術館リニューアルのオープニングトークショウで、名和さん自身から「6月にメゾンエルメスで展覧会をやる」ことを聞いており、とても楽しみにしていた展覧会です。

今回の展示は、彼の代表的モチーフ、Liquid、Beads、Scumを扱ったもの。
それぞれのモチーフの集大成的な作品で、とてもとてもオーソドクスでよかったと思います。
メゾンエルメスの空間とのコンビネーションもよかったし。

ただ、昔からの名和ファンとしては、ややインパクトにかけるというか、それぞれのモチーフが飽和点を迎えたというか、「ピーク超え」をした感じも否めません。

例えば、エルクを、ビーズ(大きな水晶)でとりかこった作品にしても、作品自体が大きすぎて、全体を見るには、やや引きの姿勢が必要です。
この作品(pixelシリーズ)本来の面白さは、その本体は明らかに目の前にあるのに、その本体をビーズで立体モザイク化してしまう(目の前でピクセル(画素)化)してしまうところにあると思うのですが、それが観客に直感的に伝わらないようになっている気がしました。
つまり、この作品は、できれるだけ近くで鑑賞し、「目の前に本体があるのに、画素化されている」不思議感が非常に面白いと思うのですが、そのインパクトがやや弱くなっている気がしたのです。
なんだか同じような作品に取り組むにつれ、作品に対する感覚が「近視眼的」になることもあるのかな、とも思われ。
ちょっと惜しい気がしました。

リキッドシリーズは、相変わらずキレイでしたね。他の人の話によると、夜に見るとまた違った印象になるそうなので、次回はぜひ夜に見に行こうと思います。

・・・にしても、メゾンエルメスの空間はとても贅沢です。
そして、ここで展示させる作家選びのセンスも素晴らしいし、こういう場への出資を惜しまないエルメスも凄いなあと思います。

ちなみに、今シーズンのエルメスのテーマは「星」のようで、銀座のショウウィンドウも素敵でしたよー!
おそらく「2001年宇宙の旅」をイメージしたものだと思うのですが、さすがのセンス!
あのラストシーンを知ってる人は思わずニヤリとしてしまったはずです。78

名和さんにまた会いたいなー。

|

« 今月の美食同源その1~伝説の店、北山珈琲店 | トップページ | 川喜田二郎氏逝く »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名和晃平「L_B_S」展@メゾンエルメス:

« 今月の美食同源その1~伝説の店、北山珈琲店 | トップページ | 川喜田二郎氏逝く »