« プロフィールでここまで笑わせてくれる人も珍しいのではないか? | トップページ | 感動の嵐が吹き荒れる »

わたしたちに見えないものを見せてくれる人

ピアニスト辻井伸行さん。
すっかり時の人ですが、なんせウチにはテレビがないもので、演奏している映像をみたのは今朝、友人のブログででした・笑

しかし、びっくり。
youtubeで映像も音声もさほどよくないにもかかわらず、辻井さんのピアノの最初の音が聞こえたとたん、

バーンっ!とわたしの見たことのない素晴らしい世界が広がった!

この世界は、彼にしか見えない世界。
わたしたち目の見える人間、凡人には決して見ることのできない世界。

ああ、この人は目が見えないからこそ、この世界が見えるんだ。

目が見えない、それ自体が大いなる才能(ギフト)だと思いました。

換言すれば、「目が見えない」というOSだからこそ構築できた音楽だと。

特に冒頭で演奏される、ショパンのエチュードが圧巻で、感動のあまり思わず涙がポロポロこぼれました。

わたしは、才能ある芸術家とは、わたしたちがいまだかつて見たことのない素晴らしい世界を見せてくれる人たちだと思っていて、辻井さんの演奏は、改めてそのことを強く実感させてくれました。

凄い才能だと思います。

ちなみに、ショパンのエチュード。どのピアニストでもこれぐらいの演奏をするものか、確認したくて別のピアニストのも探してみました。

・・・・・やっぱり辻井さんの方が凄い・笑


生の演奏を見たいと思って、コンサートのチケットを探してみるも、昨日発売済みで、ソールドアウト!
ん~なんとかして見に行きたいです。

|

« プロフィールでここまで笑わせてくれる人も珍しいのではないか? | トップページ | 感動の嵐が吹き荒れる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしたちに見えないものを見せてくれる人:

« プロフィールでここまで笑わせてくれる人も珍しいのではないか? | トップページ | 感動の嵐が吹き荒れる »