« 福だるま | トップページ | 愛と自由とマイノリティと »

マンガ・アニメとサブカルチャー

昨日は、岡田斗司夫の「ギャオ」3時間スペシャルのアーカイブを鑑賞。もー3時間あっという間!面白かったです。

ここで、気づいたことが一つ。
どうやら、マンガ・アニメとサブカルチャーとの境目がハッキリしていない世代がいるということ。
(わたしはハッキリしている世代で~す)
いや、なんでこんな話をしているかというと、岡田さんが
「日本の最近の文化は、ヤンキー文化、サブカル文化、マンガ・アニメ文化、この3つで出来ている。
エグザイルなんかは、ヤンキー文化の人だ」
という話をしていたからなんです。
いや、この理論が必ずしも正しいとは思わないけど、いいセンいってるなと思いました。
ちなみに、Xは、(わたしの中では)文科系耽美サブカル文科圏に木刀持って襲い掛かってきたヤンキー族です。
BUCK-TICKは、文科系耽美サブカル族なんだけど、初期ヤンキーテイストあり(これまた不思議なポジション)。
筋肉少女帯は文科系サブカル族(王道)。
電気グルーブも文科系サブカル族(王道)。
ジャニーズ系はどこなんだろう?
サブカル?マンガ・アニメ?

まあとにかく、岡田さんもサブカルとマンガ・アニメって別個のものとして考えているんだ~と思ったんだけど、職場の同僚(32歳。マンガ好き)に

「マンガ・アニメとサブカルチャーの違いって分かる?」

って訊いたら・・・・・

「え?違うものなんですか?!」
とな。

「じゃあ、マンガ・アニメとかじゃなくサブカルなものってナンですか?」
と訊かれたので

「みうらじゅん、いとうせいこう、香山リカ、都築響一、宮台真司、大塚英志、昔の宝島、バウ等」

「・・・分かりません」

そうか!!
今の若い人には、わたしの持っている「サブカルチャー的な感覚」がないんだ!

これを岡田さん風にいうなら「オタクイズデッド」な状態なのかもしれません・・・。
(今頃気づいた)

わたしの中では、サブカルチャーって、メインカルチャーには成りえないものなんだけど、その文脈を押さえたり、教養のエクステンション張るみたいなもので、むしろマンガ・アニメ的なものに対しては俯瞰するような姿勢があるものなんですが、どうやら、その感覚が、わたしより下の世代にはないみたいです。

サブカルチャーイズデッド?

#もしかして「死語」かも。

とりあえず、周囲の若者にヒアリング調査を行いたいと思います。

どのへんだ?フォッサマグナは?


|

« 福だるま | トップページ | 愛と自由とマイノリティと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こう分類してみると、私はどっぶりサブカル系ですな。
でも、「マイブーム」が流行語となり、ゆるキャラはもはや定番化している今、
垣根がなくなってきているような・・。

みうらじゅんが好きだ、というだけで、「マニアだねぇ」の一言で片付けられるのもいかがなものかと。

投稿: ゆーぼー | 2009/06/09 21:20

ゆーぼーさん
最近の若い人はね、「マイブーム」がみうらじゅんのものだって知らないらしいよ。
ゆるキャラも一般化してきていて、もはやサブカルチャーの部類に入らない??
確かに、サブカルチャーがサブカルチャーでなくなり、境目もよくわかんなくなってきたのかも。
それはそれで寂しい気も。

投稿: 恵 | 2009/06/09 23:25

75年生まれ九州育ちです。フォッサマグナ越えるのむずかしいっすー。
香山リカ、宮台真司、大塚英志、朝生の知識人として知ってます・笑 90年代以降ですね。
80年代後半は、少年ジャンブとドラクエ漬けの中学時代でした。幼いですねー。
そいで高校時代は勉強一色で、オウム事件は大学1年生ですよ。
なので、自分のサブカルはオウム以後です。
時代に敏感な人は、同級生でもマグナ越えてるのかなあ(羨望)。

80年代サブカルって、Perfumeみたいなテクノ全盛期ですよね!?(知ったかぶり)
「電気グルーヴ、20周年~♪」ってことは、みんなが電気グルーヴのような?
みうらじゅんさんの『アイデンティティ』の世界なのかなーって思ってます。(違ってたら正してください)

香山リカさんの自伝『ポケットは80年代がいっぱい』に、
『HEAVEN』『BH』、YMOって未知の単語が出てくる・・・。
あ、Rydeenなら知ってます!
こんなレベルです・・・。
憧れと嫉妬の入りまじった気持ちですー。(長々すみません)

投稿: Atsushi | 2009/10/12 18:57

Atsushiさん
濃いコメントありがとうございます。
たぶんフォッサマグナはわたしぐらいの年齢ですね。。
でも80年代的サブカルチャーは私も良くわらかなくて、かろうじて90年代の宝島からかな。
そう大したものではないです。

投稿: 恵 | 2009/10/13 21:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガ・アニメとサブカルチャー:

« 福だるま | トップページ | 愛と自由とマイノリティと »