« 今月の美食同源その2~pâtisserie Sadaharu AOKIのボンボンショコラ | トップページ | ツアー初日~どうしたんだ?!BUCK-TICK »

今月の美食同源その3~アンリ・シャルパンティエ サロン・ド・テ@銀座

1599_f
今日は、勝間和代さんの講演会の帰りに、友人とアンリ・シャルパンティエ サロン・ド・テ@銀座でお茶してきました。
勝間さんの講演会は、とても充実した内容でよかったですよ。これだから勝間さんは・・・・面白い!!と思わずうなりました。いま、最新刊を読んでいるところですので、講演会の感想は、この本の感想と一緒に書きたいと思います。
暫しお待ちを・・・・。

さて、久々のアンリ・シャルパンティエサロンドテ。1階は、2001年宇宙の旅 のラストシーンみたい・・・地下1階はガブリエル・デストレとその姉妹の絵がフィーチャーされたり、本棚の隠し扉の奥にトイレがあったり、照明も暗めでエロティックな雰囲気満点!スウィーツもインテリアも楽しめる素敵なお店です。

今回、わたしが頼んだのは、クリストフ・フェルデール氏が考えた「クレープ三部作」のクレープマリエット。

フェルデールさんの母親「マリエット」から名付けた「クレープ・マリエット」(1,575円)は、アルザスのデザートとしてよく登場するクレープ菓子をフェルデール流にアレンジ。バターにキルシュ酒とグラニュー糖を混ぜ、空気を含ませて軽く仕上げたあとに固く冷やす。そのバターをバニラと洋酒が香るクレープ生地で包み、クレープ表面をキャラメリゼ。仕上げにお客さんの前でキルシュ酒をフランベして上からかけサーブする。
~銀座経済新聞より

いやあ、これがとっても美味しくって!
感激しました。
お店の人が目の前でキャラメリゼしたりフランベしてくれたりするから、香り、見た目からしてワクワク。
そして、熱々のクレープは、表面がカリカリして香ばしく美味しい。そして、ナイフを入れると中に仕込まれたバターがジュワーっと出てくるのですが、口に運ぶと口いっぱいにほわ~っとキルシュの風味が広がって、最高です☆
フェルデール氏の故郷の味を、こうやって洗練した味に仕上げているものさすがだなと思いました。
おそらく限定メニューだと思いますので気になった方は早めに足を運んで見てください!

Img_0041Img_0042Img_0043


|

« 今月の美食同源その2~pâtisserie Sadaharu AOKIのボンボンショコラ | トップページ | ツアー初日~どうしたんだ?!BUCK-TICK »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月の美食同源その3~アンリ・シャルパンティエ サロン・ド・テ@銀座:

« 今月の美食同源その2~pâtisserie Sadaharu AOKIのボンボンショコラ | トップページ | ツアー初日~どうしたんだ?!BUCK-TICK »